デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 
台湾電子産業9月動向:機器需要が弱く、好調な部品も鈍る

台湾電子産業9月動向:機器需要が弱く、好調な部品も鈍る

中根 康夫=ドイツ証券
2013/11/13 06:00
印刷用ページ

 台湾電子産業の各製品分野における代表的企業44社(8月からタッチパネルも採用)の9月売上高は対前年比(YOY)+5%、対前月比(MOM)+12%だった。1~9月累計売上高はYOY-3%と依然マイナス成長である。2012年12月に過去最高売上高を更新していた台湾Hon Hai Precision Industry社(鴻海精密工業、通称:Foxconn)の9月売上高は3378億6200万NTドル(YOY+14%、MOM+20%)と、「iPhone 5s/5c」の出荷開始でプラスに寄与した。ただし、同社の1~9月累計売上高はYOY-5%と、全体のYOY-3%を下回り、全体の水準を押し下げている。

 応用製品別では、Hon Hai Precision社を含む部品は1~9月累計でYOY-5%。1桁マイナスのものでは、ノート・パソコンが1~9月累計でYOY-7%、デスクトップ・パソコン同-7%、プリント配線基板が同-0.4%。タッチパネルは、比較対象となる昨年の同月売上水準が高いこともあって同-10%である。

 一方、2桁増収となっているのでは、DRAMが1~9月で累計YOY+29%、ファウンドリ前工程が同+18%、太陽電池同+14%、LEDが同+11%である。その他1桁プラスが、マザーボードが同+3%、TFT液晶パネルが同+1%、受動部品が同+1%と、川上の部品系の多くがYOYプラスとなっている。しかしながら、最終製品の生産見通しが弱含みである状況で、部品のみが好調を維持することは考えにくく、実際、ファウンドリ、LED、液晶パネルなどは成長の勢いが弱まってきている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング