• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス台湾・中国 中根レポート > 「IGZO」使わなかった「iPad Air」、「5c」減産に動く「iPhone」

台湾・中国 中根レポート

「IGZO」使わなかった「iPad Air」、「5c」減産に動く「iPhone」

  • 中根 康夫=ドイツ証券
  • 2013/11/11 06:00
  • 1/3ページ

 「iPhone 5/5s/5c」の2013年第3四半期(3Q)における生産(パネル/部品ベース)は、ドイツ証券(以下「当社」)想定線の2700万~3000万程度であったと見ている。うち「5c」が半分以上を占め、「5s」は「5c」の半分以下であったと見ている。7月時点での推定生産見通しの3800万~4000万との比較では未達に終わった。

 旗艦機種の「iPhone 5s」は、指紋認証や関連ソフトなどの遅れが最後までボトルネックとなって、組立開始のタイミングが当初想定の7月から大きく遅れ、出荷を確認したのが8月最終週と7週間もの遅れとなった(関連記事)。その結果、3Qの生産出荷は1000万に満たなかったと見られる。そして現時点では、供給数量が需要に追い付かず増産モードである。

 4Q計画は当初計画から引き上げられたと見ているが、部品供給や歩留まりの観点から、どこまで増産ができるかに注目したい。「想定より強い需要」かは、潤沢に製品が供給される11月後半以降までは判断すべきではない。判断は、十分に生産されてからすべきだ。まずは4Qの生産がどこまで上げられるか、2013年末までの最終需要がどの程度かに注視したい。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓