• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス台湾・中国 中根レポート > LG Display社3Q決算、スマホ向け順調もテレビ向け低調

台湾・中国 中根レポート

LG Display社3Q決算、スマホ向け順調もテレビ向け低調

  • 中根 康夫=ドイツ証券
  • 2013/11/12 06:00
  • 1/4ページ

 TFT液晶最大手の一角を占める韓国LG Display社は、2013年10月17日に2013年度第3四半期(3Q)決算を発表した。売上高は対前年比(YOY)-13%、対前四半期比(QOQ)横ばいの6兆5790億ウォンだった。中小型向けパネルは好調だったが、テレビ向けパネルは価格が想定以上に下落して数量も計画に及ばず低調だった。

 営業利益は9880億ウォン(同+23%、+2%)と、コスト削減や生産効率の改善と減価償却費の減少によってQOQ増益基調を維持している。当期利益は2390億ウォン(同+51%、+128%)。売上高総利益率 は減価償却費の減少、材料コスト削減と新製品向けパネルの歩留まりの改善によってQOQ+0.3%ポイント上昇の15.0%、営業利益率 は同+0.3%ポイント上昇の5.9%。稼働率はQOQ横ばいの92~93%程度(「low 90%」)。稼働率は9月に生産調整を行ったため、事前予想の95~98%(「mid to high 90%」)を下回った。

 3Q末の在庫は2兆4170億ウォンとQOQ+1%増加。在庫回転日数(期首期末平均、原価ベース)は3Qの39.9日から40.3日とQOQで若干上昇した。

おすすめ