エネルギー
 
市場拡大への期待で分散型太陽光発電システムに話題集中、北米最大の展示会「SPI 2013」

市場拡大への期待で分散型太陽光発電システムに話題集中、北米最大の展示会「SPI 2013」

Junko Movellan=ジャーナリスト
2013/11/01 13:18
印刷用ページ
Solar Power International (SPI) 2013
Solar Power International (SPI) 2013
[クリックすると拡大した画像が開きます]
展示会の様子
展示会の様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
基調講演では、太陽光発電産業や電力会社、電力事業規制機関の代表者が討論した
基調講演では、太陽光発電産業や電力会社、電力事業規制機関の代表者が討論した
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2013年10月21~24日の4日間、北米最大の太陽光発電関連の展示会「Solar Power International (SPI) 2013」が、米国シカゴで開催された。10年目となる今回は、国内外から1万2000人以上が参加した。この10年間に、米国市場は大きな飛躍を遂げた。振り返れば、10年前の2003年には米国市場の年間導入量は45MW だった。それが2012年には3GWを超え、2013年は4GW超と予想されている。

 SPIは、展示会とセミナーで構成されている。このうち展示会では、10年前に大きなブースを構えた日本のシャープや京セラ、米SunPower社、米First Solar社などのモジュール・メーカーは出展していなかった。モジュール・メーカーの出展は66社だったが、このうち大きなブースを構えていたのはドイツQ-Cells社を買収した韓国Hanwha SolarOne 社のみだった。

 モジュール・メーカーに代わって勢いがあったのは、架台メーカーだった。モジュール価格が暴落し、パワー・コンディショナも価格がかなり低下している。次のコスト削減の対象は架台といわれており、部品点数の削減や工程簡素化、軽量化による工期短縮などを各社が競っていた。米国の老舗メーカーの米Unirac社やドイツSchletter社、米SolarCity社(Tech-On!関連記事)による買収が明らかになった米Zep Solar社など、88社の架台メーカーが出展した。
 
 ちなみに、Hanwha SolarOne 社はZep Solar社と提携して、「Zep Compatible」モジュールを住宅向けに投入している。Zep Solar社の架台は設置を簡素化しており、作業者が屋根の上にいる時間を短縮できるのが特徴だ。コモディティー化したモジュールを、Zep Solar社の架台と組み合わせることでシステム・コストを削減して、Hanwha SolarOne 社は付加価値を高める戦略だ。

 この他に、パワー・コンディショナ・メーカー55社が出展していた。業界トップのドイツSMA Solar Technology社は不在だった。日本メーカーでは、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)が、定格出力1.667MWの大容量パワー・コンデョショナ「SOLAR WARE SAMURAI(侍)」を米国の電力事業用に発表した(Tech-On!関連記事)。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング