デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

社会インフラ延命

老朽ネットワーク設備は低コストに保守・管理

三宅 常之=Tech-On!
2013/10/31 00:00
印刷用ページ

老朽化した社会インフラの保守・管理が、先進国共通の社会課題となっている。膨大な通信インフラを抱えるNTT(日本電信電話)グループは、保守・管理を多様な技術によって効率化する取り組みを数年前に本格化させた。2013年10月17~18日にNTTが開催したシンポジウム「つくばフォーラム2013」における展示から、その技術を紹介する。

図1 老朽化対策が求められるNTTのインフラ
「つくばフォーラム2013」での掲示パネル。許可を得て撮影した
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTグループは、1200万本の電柱、62万kmに及ぶ管路、68万個のマンホールを保有している(図1)。その多くが老朽化しており、例えば管路とマンホールの約80%は、設置から30年以上を経過している。一方、ユーザー数は人口の減少とともに減っていく可能性が高い。同グループは、ダムや橋梁などの老朽インフラを抱えて、人口減少に直面している国や自治体と同じ構造の問題を抱えている。

 NTTグループでは、ネットワーク・サービスの研究開発を進めているアクセスサービスシステム研究所が、インフラ設備の研究の方向性を建設から保守へシフトした。かつての大きな研究テーマは、光ファイバ・サービスの網羅的な提供技術だった。インフラ設備を効率的に維持するために同グループが現在進めているのは、インフラ延命技術と言える。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング