電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

米国が“特許の怪物”を牽制する判決

標準必須特許に低い実施料基準、米特許制度改革を後押し

植木 正雄=スターパテントLLP代表パートナー
2013/10/24 00:00
印刷用ページ

無線LAN製品の利用に欠かせない特許を持つ企業が、米マクドナルド社や米スターバックス社などを特許侵害で訴えていた裁判で、標準必須特許のライセンスの在り方を決定付ける判決が出た。米国が数年来、推し進めてきた特許制度改革の流れを後押しする内容だ。行き過ぎた特許訴訟が経済成長と技術革新の阻害要因になると見て、米政府はパテント・トロール(特許の怪物)の活動を抑え込む政策を進めている。この判決は、その方向と重なるものだ。ハイテク分野の特許活用に詳しい植木正雄氏(スターパテント)が2回に分けて解説する。(Tech-On!編集)

 標準必須特許(以下「必須特許」)をめぐる訴訟でまたもや意義深い判決が出た。2013年9月27日、米イリノイ州北部地区連邦裁判所における米Innovatio IP Ventures社(以下「Innovatio」)と無線LAN装置メーカー5社との間の特許侵害訴訟で、必須特許のRANDロイヤルティ料率が示されたのだ(事件番号11-cv-9308)。

ライセンス料は要求の1/100に

 判決では、Innovatio社が保有するIEEE802.11 Wi-Fi関連必須特許19件について、そのRANDロイヤルティ料率はWi-Fiチップ1個当たり9.56米セント(0.0956米ドル)という低額に決まった。Innovatio社としては無線LAN機能を搭載した製品1台当たり3.39~36.90米ドルを見込んでいただけに、ライセンス収入見込みは100分の1のオーダーで大幅減額となった格好だ。

 Holderman判事によるこのInnovatio裁判のRANDロイヤルティ料率決定は、2013年4月25日、米ワシントン州西部地区連邦裁判所の「Microsoft社対Motorola社裁判」(事件番号10-cv-1823)においてRobart判事が下した判決に続くものである。Robart判決は、本連載の2013年5月31日付け記事「標準必須特許のロイヤルティ基準を米地裁が示す、スマホGoogle陣営に打撃」でお伝えした通り、必須特許に係る訴訟の歴史の中で、初めてRANDロイヤルティ料率を算定したという画期的な意義を持つものであった。

 そこでは、米Motorola Mobility社の保有するH.264およびIEEE802.11関連必須特許群のRANDロイヤルティ料率が米Microsoft社製品1台当たり約4米セントというわずかな額に決められていた。これら2件のRAND料率判決で続けざまに極めて低い料率が決定したことによって、必須特許のライセンス料を高めに設定できないことが明確となった。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング