• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材キーワードで読み解く最新トピック > ホットメルト接着剤

キーワードで読み解く最新トピック

ホットメルト接着剤

軽量化や生産性の向上に一役、射出成形との組み合わせで活用広がる

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2013/10/22 00:00
  • 1/4ページ

 ホットメルト接着剤とは、常温では固体だが、加熱すると溶ける接着剤のこと。冷却固化や溶融後の熱硬化によって被着材を接合する。その存在自体は新しくないが、近年、このホットメルト接着剤を使って、部品の軽量化や生産性の向上、設計自由度の拡大を図るケースが増えてきている。しかも、興味深い点は、射出成形との組み合わせによる活用が広がっていることだ。

接合の強度を上げ20%軽量化

 好例の1つが、独Daimler社Mercedes-Benzブランドの新型「Aクラス」のクロスカービームである(図1関連記事1関連記事2)。Daimler社では、独Evonik社のホットメルト接着剤「ベスタメルト」(日本ではダイセル・エボニックが販売)を使って同部材の20%の軽量化を図った。

図1●独Daimler社Mercedes-Benzブランドの新型「Aクラス」のクロスカービーム
独Evonik社のホットメルト接着剤「ベスタメルト」を使って20%の軽量化を図った。
[画像のクリックで拡大表示]

 クロスカービームとは、ステアリングホイール(ハンドル)やセンターコンソール(エアコンの吹き出し口やカーステレオが格納される部分)、グローブボックス(助手席前の収納ボックス)などを支持する棒状の部材。インストルメント・パネルの内側に車体の左右方向に梁のように渡す部材で、左右のフロントピラー(フロントドアを支持し同ドアの前側にある支柱)や車体の中心部などに固定する。棒の部分(ビーム)には、ステアリングホイール、センターコンソール、グローブボックス、Aピラー、および車体中心部との取り付け部を設ける。

【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格とも言えるQFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ