デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

第11回 UWBとは何だったのか?(1)

佐々木 勇治=サイレックス・テクノロジー
2013/10/11 00:00
印刷用ページ

 かつて「UWB(Ultra Wide Band、超広帯域無線通信)」というキーワードがエレクトロニクス業界を騒がせたことを覚えておられるでしょうか。壁を通して通信できるとか、有線接続より速い通信ができるとか、雑音を使って通信するとか、もはや周波数の規制を受けないのだとかの非常識な、しかし本当だとすると革命的な噂が飛び交い、そして何やら規格制定に関するイザコザが報じられ、やっと規格が固まった!待ちに待った「Certified」UWB製品が出るよ!というニュースの後、なぜか話を聞かなくなりました。

 UWBとは一体何だったのか?一体なぜあんな夢のような噂が流れ、なぜ規格制定でゴタゴタし、なぜ製品が出たと思った頃に消えて行ったのか?今回は幻に終わった夢の無線通信方式、UWBについて数回にわけてお送りしたいと思います。

「壁を通して1Gビット/秒で通信できるって?!」

 私がUWBに関して最初に聞いたニュースは、確か2003年頃、日本のIT系Webサイトで紹介された「アメリカで新しい通信技術が開発されている」というニュースでした。もはや詳細は覚えていませんが、それは「極めて近距離に限定」した上で、「壁を通して」「1Gビット/秒の速度で通信できる」無線通信技術だ、というのです。そして直観的に、「そんなのはあり得ない」と思ったことは今でもはっきり覚えています。こういったニュースの何が正しくて何が誤解だったのか、今回はその辺を少し掘り下げてみます。

 さて、UWBとは名前のとおり「超広帯域(無線通信技術)」です。定義が「超高速」ではないことに注意してください。ここで言う「帯域」とは占有帯域のことで、IEEE802.11g無線LANであれば通常20MHz、IEEE802.11n高速モード(HT40)では40MHzの帯域を占有しますが、UWBは野放図に広い、少なくとも500MHz、将来的には数GHzにわたる帯域を使うことで「画期的な超高速通信」を実現することが見込まれていました。しかし、なぜ占有周波数帯域が増えたら通信速度が上がる(伝達情報量が増える)のか?これを理解するためには「時間軸」と「周波数軸」の関係と、情報量と周波数についての関係を軽く理解してもらわなければなりません。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング