デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

自動運転

事故時の責任は誰が負う

三宅 常之=Tech-On!
2013/10/10 00:00
印刷用ページ
日産自動車の自動運転車(出展:関連記事4)
日産自動車の自動運転車(出展:関連記事4)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

米Google社がトヨタ自動車の「プリウス」をベースとした自動運転車を公開したのは2010年(関連記事1)。それ以降も自動運転車の話題は豊富だ(関連記事2)。2013年10月5日まで開催の「CEATEC 2013」では、日産自動車が「リーフ」ベースの実車によるデモを来場者に見せた(関連記事3)。国土交通省は、10月8日に「オートパイロットシステムに関する検討会」での中間とりまとめを公開している。自動運転について、普段は自動車分野の取材をしていない記者の疑問を調べてみた。

 周囲の状況に応じて加速・制動・操舵を自立的に操作する自動運転。この技術にまつわる記者の疑問は、(1)自動運転の定義、(2)実用化に貢献している技術、(3)ロードマップ、(4)事故時の責任の所在である。書籍『自動運転と衝突防止技術2013-2014』(日経BP社発行)や国土交通省が2012年6月から検討してきた「オートパイロットシステムに関する検討会」での公開資料を基に紹介する。

 (1)自動運転とは、運転操作の主体(運転主権)が主に自動車にある運転を指す。「オートパイロットシステムに関する検討会」は、大きく二つの定義を示している。

 一つは完全自動運転(無人運転)。すべての操作を緊急時にも自動車が行う。もう一つは、加速・制動・操舵のすべてまたは複数を一度に自動車が操作するが、緊急時にはドライバが対応する運転(複合化・高度化した運転)。加速や制動などの単独操作は、自動運転には含めない。つまり、実用化済みのACC(adaptive cruise control)機能による運転は自動運転ではないが、運転主権が完全に自動車側になくても自動運転とみなすというのが、同検討会による定義である。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング