半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 
Bluetooth/WiFi市場編●スマホとの連携機能で市場拡大、ヘルスケアや自動車にも浸透へ

Bluetooth/WiFi市場編●スマホとの連携機能で市場拡大、ヘルスケアや自動車にも浸透へ

2013/09/11 06:00
印刷用ページ

 本連載では、テクノ・システム・リサーチ(TSR)のアナリストに、スマートフォンやカメラ、センサなどの市場動向に関するレポートを寄稿してもらう。第4回はBluetoothやWiFiといった近距離のWireless Connectivity(無線通信)機能を搭載した機器および半導体チップ・ベンダーの動向について、同社 アシスタントディレクターの丹羽健氏が分析する。(日経BP半導体リサーチ)

 BluetoothやWiFiなどのWireless Connectivity市場は2000年ごろに立ち上がった。新しい規格の策定や用途の開拓を通じて、市場は年々拡大を続けている。とりわけ昨今ではスマートフォンが機器間連携のハブとなるケースが増えており、スマートフォンとの連携機能に向けて各種機器にWiFiやBluetoothを搭載することが多くなっている。以下では、WiFiとBluetoothのそれぞれについて、搭載機器市場の動向と今後の展望を解説する。

 まずは、主な無線通信規格の位置づけをおさらいしておきたい(図1)。BluetoothはWiFiに比べると低速で短距離間の無線通信技術であり、音声や音楽データの伝送、簡単なデータ交換、リモート・コントロールなどに使われてきた。低消費電力版Bluetoothとして2010年に標準化されたBluetooth Smart(Bluetooth Low Energy/Bluetooth 4.0)は、スマートフォンやタブレット端末などの周辺機器に利用されており、さまざまなアクセサリを生みだしている。

図1● 主な無線規格の位置づけ
[画像のクリックで拡大表示]

 対してWiFi(IEEE802.11)はBluetoothに比べると高速で長距離の通信をカバーする。WiFiは従来、もっぱらネット接続機能に使われてきたが、WiFi Directによるディスプレイ映像伝送(WiFi Miracast)機能がAndroid OSでサポートされたことなどから、今後は動画伝送にも多用されそうだ。2012年末には60GHz帯を用いた超高速伝送規格としてIEEE802.11adが標準化されており、搭載機器の市場が2014年後半に立ち上がると我々は予想している。

応用の裾野を広げるBluetooth Smart

 まず、Bluetooth搭載機器の市場動向を分析したい。この市場は拡大を続けており、2013年に26億600万台、2018年には36億7400万台に達すると予測している。用途別では、足元はスマートフォンを含む携帯電話機の比率が高く、2012年には市場全体の70%を占めた。この比率は2018年には55%まで減り、代わってタブレット端末やノート・パソコン、テレビ、オーディオ用スピーカー、Bluetooth Smart対応の周辺機器などが拡大する見通しである(図2)。

図2●用途別にみたBluetooth搭載機器市場の予測
[画像のクリックで拡大表示]

 ここにきて大きく伸びているのが、Bluetoothを搭載したオーディオ用スピーカーの市場である。市場規模は2012年には1380万台だったが、2013年には5710万台と大幅に増える見通しだ。2018年には1億3550万台に達すると我々は予測する。低価格のポータブル・スピーカーの市場が急増していることに加えて、サウンド・バー(Sound Bar)のBluetooth対応が進んでいる。この他、携帯型音楽プレーヤやテレビのBluetooth対応も進み始めた。

 Bluetooth Smartの周辺機器市場は2012年に立ち上がった。市場規模は2012年に660万台で、2013年には約3000万台となる見通し。現状では「Nike+」や「Fitbit」などのフィットネス関連機器が目立つ。今後はパーソナル・ヘルスケア機器やウエアラブル機器(スマートグラスやスマートウオッチ)、テレビ用リモコンなどへの応用が期待される。

 Bluetooth Smartの応用の裾野は広く、玩具メーカーやスマホ用アプリを手掛けるベンチャなど、電子機器の開発経験を持たない企業も市場に参入している。このため、Bluetooth Smart対応の通信モジュールのベンダーは、完成品に近い状態の参照設計(レファレンス・デザイン)やターンキー・ソリューションを提供することが求められるだろう。こうした応用の広がりを背景に、Bluetooth Smart搭載機器の市場規模は、2018年には3億2720万台まで拡大すると我々は予測している。

WiFiはテレビや車載情報機器に浸透

 WiFi搭載機器の市場規模は2012年に15億2640万台であり、2013年には19億8500万台となる見通しだ(図3)。用途別にみると、スマートフォンおよびタブレット端末が60%以上を占め、次いでパソコンおよびネットワーク機器向けが15~20%を占める。

図3●用途別にみたWiFi搭載市場市場の予測
[画像のクリックで拡大表示]

 近年ではテレビやデジタル・カメラ(DSC)向けの需要も増加している。テレビではいわゆるスマート・テレビ機能向けにWiFiが実装されており、2013年にはテレビ市場全体の約30%をWiFi搭載機種が占める見通し。今後、スマートフォンやタブレット端末がMiracast機能に対応するのに伴い、テレビにも同機能が搭載されていくだろう。デジタル・カメラでは、SNSへの写真投稿などにスマートフォンとの連携機能を使うことから、2012年以降にWiFi搭載機種が増えている。ただし、デジタル・カメラ市場そのものはスマートフォンとの競合によって縮小傾向にある。

 これらの用途に加えて、2013年後半からは車載情報機器にもWiFiが実装されるようになる。中長期的には、家電やスマート・メーターなどM2M(machine to machine)分野での採用増加も見込まれる。2018年の市場規模は31億8400万台に達する見通しだ。

 WiFiの利用周波数帯に目を移すと、これまではコスト効率の高さから2.4GHzのシングル・バンド(単一周波数帯)が主流だった。ここにきて2.4GHz帯の混雑を背景に5GHz帯のニーズが高まっており、2012年からは2.4GHz/5GHzのデュアル・バンドの採用事例が増えている(図4)。2013年にはハイエンドのパソコンやスマートフォン、タブレット端末、無線ルータなどでデュアル・バンドIEEE802.11acの需要が拡大した。

図4●規格別にみたWiFi搭載機器市場の予測
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年以降は、60GHz帯を用いたIEEE802.11adの普及が始まるだろう。60GHz帯は、室内でのメディア・ストリーミングやブロードバンド・アクセスなどの用途が見込まれる。普及のトリガーとなりそうなのは、デュアル・バンドWiFiモジュールの低価格化やMiracastの普及、デュアル・バンド端末の普及に伴う5GHz帯の混雑などである。ただし、60GHz帯にはアンテナを含むRF技術の難しさに加えて、コストや消費電力など開発面での課題が残されている。

コンボ・チップやプロセサ内蔵の事例が増える

 BluetoothやWiFiに対応する半導体チップは、さまざまな形態で提供されている。BluetoothまたはWiFiのいずれかの機能に対応するチップのほか、両機能を1チップに統合したコンボ・チップがスマートフォンやタブレット端末などで採用されている。モバイル機器向けアプリケーション・プロセサでもBluetoothやWiFiのベースバンド機能を内蔵した製品が登場しており、2012年以降に採用が進んでいる。

 BluetoothおよびWiFiに対応するチップを供給している半導体ベンダーの、出荷数量ベースの市場シェアを見てみよう(図5)。ここでは単機能やコンボ・チップ、アプリケーション・プロセサへの内蔵などあらゆる実装形態を含む数字をみていく。

図5●Bluetooth/WiFi対応チップ・ベンダーのシェアのマップ
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング