• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材キーワードで読み解く最新トピック > 惑星分光観測衛星「SPRINT-A」

キーワードで読み解く最新トピック

惑星分光観測衛星「SPRINT-A」

イプシロンで打ち上げ予定の新アーキテクチャの科学衛星

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2013/09/10 00:00
  • 1/4ページ
惑星分光観測衛星「SPRINT-A」の宇宙空間におけるイメージ
図1●惑星分光観測衛星「SPRINT-A」の宇宙空間におけるイメージ
提供:JAXA

 2013年8月27日の打ち上げが中止となり、同年9月14日に打ち上げを延期したイプシロンロケット試験機。そのイプシロンロケットに搭載されて打ち上げられるのが、惑星分光観測衛星「SPRINT-A」である(図1)。SPRINT-Aは、小型の科学衛星*1で、そのミッションは大別すると3つある。

*1 科学衛星 宇宙望遠鏡や惑星探査機など、惑星や天体、宇宙空間を観測するために打ち上げる人工衛星のこと。

 1つめは同科学衛星本来のミッションで、極端紫外線望遠鏡「EXCEED(Extreme Ultraviolet Spectroscope for Exospheric Dynamics)」を使って金星、火星、木星といった惑星の観測を行うこと。2つめは、モジュールの組み替えでさまざまなミッションの衛星に対応できるようにした新しいプラットフォーム(正確には標準バス)「SPRINTバス」の技術的実証だ。そして、最後の1つが、小型衛星用の次世代電源系機器「NESSIE(Next-generation Small Satellite Instrument for Electric Power System)」の実証である。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓