技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
今井 拓司=日経エレクトロニクス
2013/09/04 05:00
印刷用ページ

 「そうか、インターネットが身体を持つようになるってことなんだ」。日経エレクトロニクス、9月2日号の特集記事「すべてがEthernet一色に」の打ち合わせで、担当記者の話を聞いてひらめいた。

 今、自動車や電車、工場の隅々にまでEthernetが張り巡らされようとしている。その帰結として容易に想像できるのが、これらのネットワークがインターネットにつながる将来だ。実際、自動車メーカーなどはそうした利用法を考えているフシがある。情報の漏洩を一切許さない堅牢な防御を用意してからだろうが、クルマのエンジンやブレーキ、工場のセンサや工作機械と、インターネットを介して情報をやりとりできる日がやってくるのだ。

 しばしばインターネットは、地球規模の脳に例えられる。立花隆氏に、そのものずばり「インターネットはグローバル・ブレイン」という著作があるくらいだ。残念ながら未読なので、氏の真意までは分からないが。

 これまで、この「脳」に流れ込むのは文書やデータベースのデータ、映像や音声といった、人手で加工済みの情報だった。人間に例えれば、世間に背を向け部屋に閉じこもって、本を読み、テレビを見ていたようなものだ。この事情が一変する。インターネットに自動車や工場をはじめとする様々な制御系がつながり出せば、多様なセンサという感覚器と、モータやアクチュエータから成る筋肉が備わる。身体を持ったインターネットが、現実の世界に関われるようになるのである。

 これは大変だ。筆者が直感したのは暗たんたる未来である。

 もちろん、すぐさまそうなるわけではない。当初は便利な使い道も多いだろう。例えばネット経由でクルマを運転できれば、酔っ払ったときに運転代行を頼めるかもしれない。あるいは、ファブラボのレーザー・カッターで部品を加工したり、借りている畑の収穫をしたり、家にいるペットがねだったら、餌を与え、猫なで声で、頭をさすったりできるかもしれない。すべて職場で、仕事の合間に。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング