• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりエディターズ・ノート > 日本からTRIZを学んだPOSCOとSamsungは「学び方」が違う

エディターズ・ノート

日本からTRIZを学んだPOSCOとSamsungは「学び方」が違う

  • 池松 由香=日経ものづくり
  • 2013/08/29 08:50
  • 1/3ページ

 「韓国メーカーの『貪欲に学ぼう』という姿勢に驚いた」。こう話すのは、TRIZ(トゥリーズ)の導入支援サービスを日本や海外のメーカー向けに提供しているコンサルタントの前古護氏です。TRIZとは旧ソビエト連邦で生まれた、技術的な問題を解決するのための方法論ですが、それを日本流にアレンジした活用法が今、国内外で注目を集めています。中でも積極的に導入を進めるのが、韓国のPOSCO社とSamsungグループ。両者は2009年から「日本式TRIZ」を学んでおり、前古氏はその指導に携わりました。先日、同氏にお会いし、両者導入の舞台裏をお聞きしたのでご紹介します。

 前古氏のお話の中で私が最も興味を持ったのは、同じ日本式TRIZを学ぶのでも、POSCO社とSamsungグループでは学び方が異なっていた点にありました。

 ちなみにTRIZをご存じない方のために少しだけ補足すると、TRIZとは、約250万件の特許を徹底的に分析して見つけ出した「問題解決の規則性」を体系化したもの。膨大な特許の分析結果の中から、自らが抱える問題に適した事例を見つけ出し、問題解決のヒントにします。1990年代に日本のメーカーの間で一大ブームが巻き起こりましたが、「期待したほどの成果が出ない」「難し過ぎる」と本格導入を断念するメーカーが続出しました。その後、着実に成果を出すために日本で独自に進化した活用法が日本式TRIZです(具体的な手法の中身はぜひ2013年5~10月号の『日経ものづくり』の連載「TRIZの日本式活用法」をご参照ください)。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓