• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材キーワードで読み解く最新トピック > イプシロンロケット

キーワードで読み解く最新トピック

イプシロンロケット

頻繁に打ち上げられる新時代の固体燃料ロケット

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2013/08/27 00:00
  • 1/5ページ

 2013年8月27日に初の打ち上げを予定している新しい固体燃料ロケット。それが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「イプシロンロケット」だ(図1)。

2013年8月20日の打ち上げリハーサルで発射台に設置された「イプシロンロケット」(試験機)
図1●2013年8月20日の打ち上げリハーサルで発射台に設置された「イプシロンロケット」(試験機)
提供:JAXA

 JAXAにとっては、2006年に退役した「M-Ⅴロケット」〔全長30.8m、直径2.5m、質量140.4t(5号機の場合)〕に続く約7年振りの固体燃料ロケット。手軽かつ高頻度に打ち上げられるようにと開発してきた新時代の固体燃料ロケットである。

 最初に打ち上げられるのはその試験機(1号機に相当)で、全長24.4m、直径2.6m、質量(ペイロード含まず)91t。打ち上げ能力は、地球周回低軌道(高度500km)に衛星を投入する場合で1200kg〔M-Ⅴロケット(5号機)の1850kgの約2/3〕となっている。

 試験機では実現できていないが、続く2号機以降も改良を続け、2017年度に打ち上げを目指す改良型では、打ち上げ費用を30億円(M-Ⅴロケットの約4割)以下に低減する目標。これが実現すれば、打ち上げ能力当たりの打ち上げ費用が、M-Ⅴロケットと比べて約4割以上安くなることになる。ちになみに、試験機の打ち上げ費用(開発過程の試験含む)は、約53億円(うち機体の費用は約38億円)と試算されている。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓