• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 
台湾電子セクターの6月売上に若干の陰り、iPhone次機種生産がさらに遅れるリスクあり

台湾電子セクターの6月売上に若干の陰り、iPhone次機種生産がさらに遅れるリスクあり

中根 康夫=ドイツ証券
2013/08/23 19:46
1/3ページ

 台湾電子セクター各製品分野における代表的企業の2013年6月売上高は、前年同月比(YOY)で-3%、前月比(MOM)で+1%だった。同年1-6月累計の売上高はYOY-5%で、マイナス成長である。

 12年12月に過去最高の売上高を更新していた台湾Hon Hai Precision Industry社の6月売上高は、3046.37億NTドル(YOYは+5%、MOMは+1%)だった。同社の1~6月累計売上高はYOY-10%と、セクター全体のYOY-5%を大きく下回り、全体の水準を押し下げている。米Apple社からの需要低迷、PC、テレビ、ゲームと分野を問わず最終製品の需要、生産計画、EMS需要が振るわないことから、同社に対する強い向かい風が続く。

 サブセクターでは、Hon Hai Precisionを含む部品は1~6月累計の売上高がYOY-10%だった。1桁のマイナスでは、ノートブックPC(NB)が1~6月累計でYOY-9%、デスクトップPCが同-7%、プリント回路基板(PCB)が-3%などを挙げられる。スマートフォンやタブレットなど一部を除きコンシューマ向けの最終製品の生産・販売が振るわない点が反映されている。

 一方、2桁増収となっているサブセクターは、ファウンドリ前工程が1~6月累計でYOY+20%、DRAMが同+14%、LEDが同+13%、その他、2桁からは低下したものの、TFT液晶パネルが同+8%。MBが同+6%、太陽電池が同+2%、受動部品が同+1%とYOYプラスとなっている。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング