• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器台湾・中国 中根レポート > 台湾電子セクターの6月売上に若干の陰り、iPhone次機種生産がさらに遅れるリスクあり

台湾・中国 中根レポート

台湾電子セクターの6月売上に若干の陰り、iPhone次機種生産がさらに遅れるリスクあり

  • 中根 康夫=ドイツ証券
  • 2013/08/23 19:46
  • 1/3ページ

 台湾電子セクター各製品分野における代表的企業の2013年6月売上高は、前年同月比(YOY)で-3%、前月比(MOM)で+1%だった。同年1-6月累計の売上高はYOY-5%で、マイナス成長である。

 12年12月に過去最高の売上高を更新していた台湾Hon Hai Precision Industry社の6月売上高は、3046.37億NTドル(YOYは+5%、MOMは+1%)だった。同社の1~6月累計売上高はYOY-10%と、セクター全体のYOY-5%を大きく下回り、全体の水準を押し下げている。米Apple社からの需要低迷、PC、テレビ、ゲームと分野を問わず最終製品の需要、生産計画、EMS需要が振るわないことから、同社に対する強い向かい風が続く。

 サブセクターでは、Hon Hai Precisionを含む部品は1~6月累計の売上高がYOY-10%だった。1桁のマイナスでは、ノートブックPC(NB)が1~6月累計でYOY-9%、デスクトップPCが同-7%、プリント回路基板(PCB)が-3%などを挙げられる。スマートフォンやタブレットなど一部を除きコンシューマ向けの最終製品の生産・販売が振るわない点が反映されている。

 一方、2桁増収となっているサブセクターは、ファウンドリ前工程が1~6月累計でYOY+20%、DRAMが同+14%、LEDが同+13%、その他、2桁からは低下したものの、TFT液晶パネルが同+8%。MBが同+6%、太陽電池が同+2%、受動部品が同+1%とYOYプラスとなっている。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓