技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【産業動向】日本の伝統的なものづくりから学ぶ

三輪 芳久=Tech-On!編集
2013/08/22 00:00
印刷用ページ

 「産業動向」サイトで、この1カ月間(7月21~8月20日)によく読まれた記事の上位20本は、右表のようになりました。今回のランキングで目立ったのは、2008年5月~2010年8月に連載した「技のココロ」が7本も入ったことです。

 この連載は、日本の伝統的なものづくりの技を取り上げ、分析しています。その視点は三つあります。一つ目は、技自体の検証。経験則で完成度を上げてきた技には、合理性があるはずです。それを現代的な視点で分析しています。二つ目は、「継承術」の検証。高度に組み上げられた技の体系を、どうやって代々伝えてきたかを解きほぐしまていす。そして三つ目が「時代性」の検証です。時代の変化をどう乗り切ってきたかを振り返り、今後のあり方を探っています。日ごろは開発や経営の最前線で働いておられる読者の方々に、「人と仕事」を通じて文化/芸術の奥深き世界に触れていただくことを目指した連載記事です。

 ランクインした「技のココロ」の記事は、「日本刀」を取り上げた5本(1位、2位、6位、15位、17位)と「表具」を取り上げた2本(9位と10位)ですが、連載では桶、茶陶、打刃物、漆器、袋、鋏(はさみ)、和紙、釜なども各テーマごとに5本程度の記事に分かれて掲載しています。先人の知恵と技に触れてみてください。

 ほかのランキング記事も見てみましょう。8月の夏休み特集として連載を始めた「スポーツトレーニングから学ぶビジネス能力向上術」が14位はランクインしました。サイバー大学教授の久保田氏が自らのテニス修行の経験を基に、オンライン学習の効果を検証し、ビジネススキルの向上策に応用するというストーリーです。先週、一挙に5回分を掲載しましたが、今後も月に1~2回くらいのペースで連載を続けていく予定です。

 ニュース記事も3本ほどランクインしています。17位、18位、20位の記事で、それぞれシャープ、NEC、東芝と、久々に国内メーカーの話題が入りました。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング