• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新グローバル製造業のための3次元データプロセス改革 > 第24回:ソフトとメカの融合で差異化する(下)~東芝の設備開発

グローバル製造業のための3次元データプロセス改革

第24回:ソフトとメカの融合で差異化する(下)~東芝の設備開発

  • 鳥谷浩志=ラティス・テクノロジー代表取締役社長
  • 2013/09/06 00:00
  • 1/5ページ

 製品開発に限らず、製造設備の開発においてもソフトの比重は増加している。ここでも、実際の機械の代わりにCADの3Dモデルを“動かす”ことによる、制御ソフトの開発支援は有効だ。今回は、製造設備の開発期間を短縮するため、実機レスでのデバッグに取り組む東芝の事例について解説する。

東芝、製品開発サイクルに合わせた、製造設備の開発期間の短縮

 卓越した生産技術力で、グローバルな競争に打ち勝つトップレベルの複合電機メーカーを目指すのが東芝である。同社の生産技術センターは、制御ソフトの実機レス・デバッグ・システムの中でVmechを利用することで、製造設備の迅速な立ち上げに取り組んでいる。新たな生産技術手法の開発に挑戦し、その結果を早期に実用化していこうという取り組みである。

 製品を計画通りに市場投入するためには、製品の開発スケジュールに適合するように設備を開発し、量産開始時期を守ることが絶対条件である。つまり、製品開発サイクルと同様に、製造設備の開発期間の短縮も必須になる。製造設備の開発工程には、機構や電装などの実機開発と、制御ソフトの実機検証という作業がある。同社は、Vmechを活用することで、実機デバッグ工程期間の短縮と効率向上に成功している。

 高度な製品を生産するための同社の設備は複雑である。製造台数や製造上必要な機能と性能、使用環境によりさまざまな形態の製造設備を開発し、制御しなくてはならない。同社は設備の制御システムに、産業用PCとPLCを使い分けている。PCベースであれば、他のPCベースのシステムとの互換性も高く、ソフトの開発にC++ のような汎用言語を使用することができる(図1)。一方、PLCは産業用に特化しており、開発環境や制御ユニットを統一できるので、堅牢なシステムを構築することが可能だ(図2

図1●PCを用いた制御システム
[画像のクリックで拡大表示]
図2●PLCを用いた制御システム
[画像のクリックで拡大表示]
* この取り組みに関しては、東芝グループの技術雑誌「東芝レビュー」Vol. 64、N0. 5(2009)に詳しい。ここでは、その内容に一部情報を追加して紹介する。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓