設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

第16回:「これからのPLM」構築に対する「システム選択の考え方」(下)

坂井 佐千穂=SCSK 製造エンジニアリング事業本部 営業推進部 シニアコンサルタント
2013/08/22 00:00
印刷用ページ

 「これからのPLM」のシステムをどう選択すべきか、その考え方をこれまで、システムの機能面での視点と、非機能面での視点で解説してきた。後者のうち、まだ解説していないのが「産業によってPLMシステムのフレームが変わってくるのではないか」とする視点である。

 ここでは代表的な産業として、航空機、自動車(乗用車)、情報機器/情報家電の3つを例に取ってPLMシステムフレームの特徴を述べる。この3つを選んだ理由は、CAD・PDM・PLMがこれらの産業と共に進化してきた経緯があるためである。さらに、それらの世界的な産業構造もアーキテクチャのオープン化・標準化によって、以前の垂直統合型から水平分業型へと変化しつつあり、それに伴うPLMのシステムフレームの変化をとらえるのに適していると思われることも理由である。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング