• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新設計力強化のための“もの・ことづくり”プラットフォーム「P3LM」  > 第16回:「これからのPLM」構築に対する「システム選択の考え方」(下)

設計力強化のための“もの・ことづくり”プラットフォーム「P3LM」 

第16回:「これからのPLM」構築に対する「システム選択の考え方」(下)

  • 坂井 佐千穂=SCSK 製造エンジニアリング事業本部 営業推進部 シニアコンサルタント
  • 2013/08/22 00:00
  • 1/8ページ

 「これからのPLM」のシステムをどう選択すべきか、その考え方をこれまで、システムの機能面での視点と、非機能面での視点で解説してきた。後者のうち、まだ解説していないのが「産業によってPLMシステムのフレームが変わってくるのではないか」とする視点である。

 ここでは代表的な産業として、航空機、自動車(乗用車)、情報機器/情報家電の3つを例に取ってPLMシステムフレームの特徴を述べる。この3つを選んだ理由は、CAD・PDM・PLMがこれらの産業と共に進化してきた経緯があるためである。さらに、それらの世界的な産業構造もアーキテクチャのオープン化・標準化によって、以前の垂直統合型から水平分業型へと変化しつつあり、それに伴うPLMのシステムフレームの変化をとらえるのに適していると思われることも理由である。

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ