半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 
「4Qに例年以上の調整」、TSMCが示唆

「4Qに例年以上の調整」、TSMCが示唆

中根 康夫=ドイツ証券
2013/08/08 22:00
印刷用ページ

 台湾Taiwan Semiconductor Manufacturing社(TSMC)は、2013年7月18日、台北で説明会を開催、2013年第2四半期(2Q)業績を発表した。以下、決算と決算説明会の概要を記す。

 2013年2Qの連結業績は、売上高が対前年比(YOY)+22%、対前四半期比(QOQ)+17%の1558億8600万NTドルと事前予想の1540億~1560億NTドルを上回った。背景は、28nmプロセス製品の実需が増えたこと、顧客が下期の新機種(スマートフォン、タブレットなど)の投入に向けて早めに在庫を積み増し始めたことである。売上高総利益は、稼働率の上昇、コスト削減効果、そして為替の影響によって764億2200万NTドル(YOY+23%、QOQ+26%)。営業利益は576億2980万NTドル(YOY+23%、QOQ+30%)、当期利益517億6100万NTドル(同+24%、+31%)といずれも大幅増益だった。

 出荷数量(200mmウエハー換算)はQOQ+13%増加の403万4000枚(1Qは357万枚)。生産能力(200mmウエハー換算)は28nmプロセスの能力拡張によって399万9000枚/Q(QOQ+12%)と同社の想定通り。ASP(米ドル・ベース)はQOQ+1.0%。稼働率はQOQ+9%ポイント上昇の99%だった。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング