設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

シェール革命は1人の男のイノベーションから始まった

高田 憲一=日経ものづくり
2013/08/01 00:00
印刷用ページ

 2013年7月27日付の日本経済新聞電子版は、ニューヨーク発の記事として1人の男性の訃報を伝えています。その男性とは米国人ジョージ・ミッチェル氏のこと。「『シェール革命』の立役者、ミッチェル氏が死去」 と題した記事は、同氏が老衰のために94歳で亡くなったこと、同氏が頁岩(けつがん=シェール)層から天然ガスや石油を効率よく取り出す「水圧破砕法(フラッキング)」を確立したこと、などを短く伝えています。

 水圧破砕法とはシェールガス/オイルの採掘に必要な主要技術で、砂(プロパント)と少量の化学物質を加えた大量の水を、地上から高圧で流し込み、天然ガスや石油を保持している頁岩に微小な割れ目を作る手法です。水に含まれる砂は、頁岩の割れ目に入り込んで割れ目がつぶれるのを防ぎます。すると、割れ目から安定的に天然ガスや石油が出てくるわけです。化学物質は、土を軟らかくしたり水の粘度を上げたりするためといわれていますが、採掘企業のノウハウの中核なので何を入れているかは、ほとんど明らかにされていません。

 頁岩の破壊のメカニズムを見れば想像できますが、水圧破砕法は相当に精緻な技術です。頁岩の割れ方や割れ目の保持などをうまく制御でなければ、効率的な採掘はできません。しかも自然が相手なので、頁岩の性質や分布する深さなどで個別の調整が必要になりそうです。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング