デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

第2回 無線屋さんのおしごと(2)

佐々木 勇治=サイレックス・テクノロジー
2013/08/02 00:00
印刷用ページ

 さて前回、「組み込み機器の無線LAN対応」というテーマについて、主にハードウエア面から見た我々サイレックス・テクノロジーの「お仕事」を紹介致しました。今回は第2弾として、ソフトウエア面から見た「無線屋さんのおしごと」を紹介いたします。

前回紹介したような数々の困難を乗り越えて、無線LAN対応のハードウエアを完成させたとしましょう。次に問題になるのは、それを動かすドライバの入手です。PC用に市販されている無線LANモジュールの場合、PC(Windows ないし Mac)用のドライバはメーカーから提供されていますが、組み込みOS用のドライバはどうでしょうか?

 iTRONやVxWorksなど特殊な組み込み用RTOSのドライバは、チップやモジュールのメーカーからは供給されていないと思ってまず間違いありません。Windows CE用のドライバは提供されていることもありますが、ない場合の方が多いです。

ドライバの実装は自己責任

 では、Linuxはどうでしょうか?これは大抵の場合メーカーからは提供されておらず、オープンソース・プロジェクトからその製品に適合する(であろう)ドライバをダウンロードして使うことになります。しかし同じLinuxであっても、カーネル・バージョンによってドライバAPIの仕様が異なります。特にカーネル・バージョン2.6.26を境として無線LAN向けのAPIの拡張(nl80211)が行われているため、これを前提としたドライバは2.6.24以前のカーネルでは動作しません。しかし新しければ良いという訳でもないのがLinuxカーネルの困ったところで、2.6.24 で動作確認されていたドライバが 2.6.38では一部の機能が動かなくなってしまった、という事も起こり得ます。

 また、CPUアーキテクチャによってもドライバの動作が異なってくるため、Intel PCで動作確認されているドライバが他のCPU(ARM、MIPS、PowerPC、SuperH など)で動く保証もありません。「動くかもしれない」のですが、個々の組み合わせ事例について誰かが責任を持って動作検証してくれる訳ではありません。オープンソースの宿命として、動作検証は原則としてユーザーが自らの責任で行う必要があるのです。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング