• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > 八重樫武久のハイブリッド進化論

連載主旨
ハイブリッド車(HEV)初代「プリウス」のハイブリッドシステム開発リーダーを務め、その後2003年の2代目プリウスに搭載した「THSII」などハイブリッドシステム全般の開発を手がけた八重樫武久氏(現コーディア代表取締役)が、ハイブリッド車および次世代環境車を展望する。月1回更新する予定。
八重樫武久(やえがしたけひさ)
コーディア 代表取締役 シニアコンサルタント
1969年にトヨタ自動車に入社後、クリーンエンジンの研究開発に従事、1989年からクリーンエンジン全般の開発統括リーダーを務める。1996年、初代「プリウス」搭載ハイブリッドシステム開発リーダーの指名を受け、プリウス搭載の「THS」の量産開発をリード。1999年ハイブリッド開発統括としてトヨタ自動車の理事に就任。2003年プリウス搭載の「THSII」などハイブリッドシステム全般の開発に従事。2005年11月、トヨタテクニカルディベロップメント(TTDC)の技監に就任。2008年11月自動車環境技術コンサルタントとしてコーディアを設立。

記事一覧

【技術者塾】(6/13開催)
自動車エンジンと制御部品の最新注目技術と今後のトレンド

基本構造から排出ガス規制、燃費低減技術、新興国対応までを解説


自動車向けエンジンとエンジン制御システムに関する最新技術や今後の方向性を実務経験豊富な講師が分かりやすく解説します。自動車エンジンや制御部品に現在求められる技術と今後の方向性の全てを1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月13日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ