電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

テレビで負けた日本は電子部品では勝てるのか

今井 拓司=日経エレクトロニクス
2013/07/26 05:00
印刷用ページ

 「やっぱりリスクの量が違うと思うんですね。市場を作っていかなきゃならない最終製品メーカーさんは、コンセプト作りやブランディング、設備投資などで、すごくお金が掛かる。部品メーカーは、先行開発をすると言っても、需要のかなりの部分はお客さんに作ってもらうわけですから」(アルプス電気 取締役 コンポーネント事業担当 技術本部 副本部長の笹尾泰夫氏)。

 テレビなどの最終製品で、日本の電機メーカーは海外企業に負けてしまいました。一方、電子部品業界では、国内勢の勢いはまだまだ健在に見えます。両者の違いは何かを聞いたところ、帰ってきた答えがこれでした。自分で市場を生み出すわけでない部品業界は、勝ち馬に乗りさえすればいいので、機器メーカーほど大変ではないというわけです。

 もっとも機器メーカーの本命を当てるのは、口で言うほど簡単ではありません。米Apple社の「iPhone 5」の需要が予想を下回り、依存度の大きかった部品メーカーが影響を被った一件は記憶に新しいところです。市場が大きく伸びる新興国のメーカーが、スマートフォン(スマホ)市場の覇権を奪う可能性もあります。目まぐるしく変転する市場で、部品メーカーはどのように勝ち残ろうとしているのか。その戦略を日経エレクトロニクスの8月5日号の記事でまとめました。

 取材の過程で浮かんできたのは、機器メーカーの「本音」を探り出すことが、ますます重要になっていることです。Apple社に限らずスマホ・メーカー各社の強気の出荷予想を積み上げると、合計台数は途方もない数字になると言います。それがどれくらい確かなのかを見極めないと、体力の乏しい部品メーカーが無謀な投資に打って出て経営が傾く場合もありえます。

 将来を嘱望される、新市場でも同じです。車載やヘルスケア、エネルギーといった期待の分野では、部品メーカーはいわばずぶの素人。どんな技術や部品が有望なのかは、顧客の声に真摯に耳を傾けなければ分かりません。顧客すら気づかない隠れた要望を、他社よりも早く掘り起こせたメーカーが、新市場の勝者になるはずです。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング