• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマエディターズ・ノート > 2020年の自動車生産トップ5は

エディターズ・ノート

2020年の自動車生産トップ5は

  • 林 達彦=日経Automotive Technology
  • 2013/07/23 17:28
  • 1/1ページ

 2012年の自動車世界販売台数で首位となったのは、974.8万台を記録したトヨタ自動車でした。2位はドイツVolkswagenグループで934.5万台、3位が米GM社の928.8万台で、ここまでが900万台を超えています。続いて、4位は809.7万台のRenault日産グループ、5位は711.9万台の韓国Hyundai Kiaグループです。

 特に5位のHyundai Kiaグループは、この十数年でその生産規模を3倍以上に拡大しています。かつて、1999年に生産台数200万台超だったHyundai Kiaグループは圧倒的なスピードで販売台数を伸ばし、上位にいたホンダやフランスPSA Peugeot Citroenグループ、米Ford Motor社などを抜き去りました。これだけ急に成長した自動車グループは、前例がありません。

 特に、規模の大きい上位メーカーがアライアンスや買収などで、ブランド数を増やしながら生産規模を拡大しているのに対し、同グループは2ブランドだけです。それでもこうした急成長を実現してきたのには、会長のチョン・モング氏を頂点に、品質を高めて、デザインに優れるクルマを積極的に投入し、しかもそれらを非常にスピーディーに実施してきたからでしょう。

 ただし、同グループがいま、躍進の一つの踊り場を迎えていることもたしかです。リーマンショック後は非常にウォン安が進み、韓国車の輸出競争力が高まって同グループは追い風を受けました。ところが、現在はウォン安の修正が進み、競争力は落ちる方向です。また、北米の大量リコールや、燃費の水増し問題からの信頼回復も課題です。

 そうはいっても、スピード感に優れる同グループのこと。すぐに新たな手を打って成長し続ける可能性が高そうです。自動車専門の調査会社、IHS Automotiveは同グループが2020年にも生産台数でトップ5を維持するだろうと見ています。トップは1100万~1200万台でトヨタ自動車とVolkswagen社の争い、そして3位は1000万台クラスをめぐり、GM社とRenault日産グループの攻防となりそうです。肝心のHyundai Kiaグループは、815万台程度になると見ています。これまでのような何倍もの成長はさすがに望めませんが、同グループの存在感は今後も高まっていきそうです。

 Hyundai Kiaグループの強さと課題については、2013年7月30日発行予定の日経Automotive Technology 9月号に掲載予定です。こちらもぜひ参考にしてください。

【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ