エネルギー
 
カリフォルニア州が太陽電池モジュールのリサイクルを推進、問われる生産者責任

カリフォルニア州が太陽電池モジュールのリサイクルを推進、問われる生産者責任

Junko Movellan=ジャーナリスト
2013/07/09 14:10
印刷用ページ

 数カ月前、米国で“クリーン”な太陽光発電産業を揺るがすニュースが話題になった。その内容は、太陽電池のライフサイクル・アセスメントに関するデータの中に、生産時に発生した廃棄物の処理や輸送に関わるカーボン・フットプリントが含まれていないというものだった。このニュースをキッカケに、太陽光発電産業の生産者責任について、注目が集まるようになっている。

 カリフォルニア州の有害物質規制局(DTSC:Department of Toxic Substances Control)は、カリフォルニア州に工場を持つ17の太陽光発電関連企業の廃棄物処理データを公表した。それによると、2007年から2011年上半期の間に、合計で約465万ポンドのヘドロと汚染水を生み出していた。これらの企業には、オバマ政権から多額の条件付き融資保障を得た後に破綻した米Solyndra社や、複数の太陽光発電関連ベンチャー企業も含まれていた。

 廃棄物のうち約97%はカリフォルニア州内で処理されたが、約14万ポンドは遠方にあるアーカンソー州やミネソタ州など9つの州で処理されたという。この輸送に使用された化石燃料から排出されたCO2を、これらの企業はライフサイクル・アセスメントに含めていなかった、としている。

 このニュースの後に、Solyndra社と同じく条件付き融資保障を受けた後に破綻した、コロラド州に生産工場を持つ米Abound Solar社の廃棄物もニュースになった。Abound Solar社は、世界最大の太陽電池メーカーである米First Solar社と同じテルル化カドミウム (CdTe) を用いたモジュールを生産していた。

 Abound Solar社は2012年に破綻。その後コロラド州の健康環境管理局(Department of Public Health and Environment)が、Abound Solar社の倉庫に、在庫や不良品など合わせて約十万枚のCdTe型太陽電池モジュールを発見した。さらに別の倉庫に、カドミウム(Cd)を含む液体が入ったドラム缶が、処理されずにそのまま放置されていたのを見つけ、Abound Solar社に処理を命じた。これらの非有害・有害廃棄物をすべて合わせた処理費は、約220万米ドルに及ぶと予想されている。

 Abound Solar社の破産管財人は、現在CdTe型太陽電池モジュールの引き取り手を探すとともに、廃棄物処理の競売入札者の調査をしている。同じ技術を用いるFirst Solar社が、太陽光発電業界の「メンツを守るため」、Abound Solar社の廃棄物処理と太陽電池モジュールのリサイクルを引き受けると、Abound Solar社の破産管財人に申し出た。

 CdTe型太陽電池モジュールを製造するFirst Solar社は自発的に、製造から販売、回収、廃棄のクローズド・サイクルを構築し、外部環境にCdを出さないビジネス・モデルを展開している。このために、「米国とドイツ、マレーシアで、廃棄物とモジュールのリサイクル工場を運営している」(First Solar社 Global Communications Director、Steve Krum氏)。この回収・リサイクルによって、約95%のCdと約90%のガラスは新しいモジュールに再利用が可能になるとする。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング