• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新PICK UP DIGITAL > <キーワード解説>パラメトリック・モデリングとダイレクト・モデリング

PICK UP DIGITAL

<キーワード解説>パラメトリック・モデリングとダイレクト・モデリング

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2013/07/10 00:00
  • 1/3ページ

 3D-CADで立体形状を作成するときの方法には、大きく分けて2種類ある。

 そのうちの1つは、寸法の値や直角、平行といった図形同士の関係を決めることで、結果として形状を得る方法。これをパラメトリック・モデリングと呼ぶ。今日の多くのCADで用いられるのが、この方法である。

 対照的に、立体形状をCAD上で引っ張ったり押したりして形作っていく方法をダイレクト・モデリング(ダイナミック・モデリング)と呼ぶ。設計対象やCADの使用場面の違いによって、両者のどちらかが向くかは異なるため、最近は両方の操作を併用できるCADが増えてきた。

拘束条件で形状を作る

 パラメトリック・モデリングの基本となる考え方は、形状は拘束条件によって導かれるというもの。それまでの、ソリッドモデル(機械部品などの形状を立体的に閉じた境界で表現するモデル)を扱う3D-CADでは、図形同士の合体、共通部分の抽出、差部分の削除といった操作(ブーリアン演算)や、頂点や線の移動といった原始的操作しかできなかった。そこでの、モデルの再利用性を高め、さらにモデリング操作も容易にする技術として1980年代中ごろに米PTC社(当時Parametric Technology社)などが開発した。

 パラメトリック・モデリングによるモデルには、拘束条件の積み重ねが「ヒストリ」として記録されており、このヒストリの再利用ができるのも長所である。例えば、一部の寸法値の変更のみで類似形状を容易に作成できる。しかし、モデリングの初期に設けた拘束条件を変更すると、形状の生成し直し(再生)に時間がかかったり、場合によっては拘束条件同士が矛盾を起こしたりするという弱点がある。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓