クルマ 自動車の最新技術を追う
 

ホットプレス材

クルマの燃費向上を下支えする、軽量化部材

富岡 恒憲=Tech-On!編集
2013/07/09 00:00
印刷用ページ

 車体を軽量化するために、日本国内向けの自動車で近年採用が増えてきているのが、ホットプレス材である。例えばホンダは、2011年11月発売の軽自動車「N BOX」で、センターピラー*1の補強部材に日本国内向けのホンダ車として初めて同材を採用した(図1)。その軽量化効果は、2kgという。

図1●日本国内向けのホンダ車として初めてホットプレス材を採用したホンダの軽自動車「N BOX」
センターピラーの補強部材にホットプレス材を使う。
[画像のクリックで拡大表示]

*1 センターピラー 前部座席と後部座席のそれぞれのドアの間にある支柱のこと。

 ホンダは、N BOX以外の国内向けホンダ車にも、ホットプレス材の採用を広げている。2012年11月発売の軽自動車「N-ONE」や2013年6月21日発売の新型ハイブリッド車「アコード ハイブリッド」などだ。N-ONEではセンターピラーの補強部材に、アコード ハイブリッドではセンターピラーの補強部材とサイドシル*2の一部に同材を使い、車体の軽量化に役立てた(図2)。

図2●センターピラーの補強部材とサイドシルの一部にホットプレス材を採用したホンダの新型ハイブリッド車「アコード ハイブリッド」
[画像のクリックで拡大表示]

*2 サイドシル 前部座席と後部座席のそれぞれのドアの真下にある敷居のようなフレームのこと。

 マツダも、ホットプレス材の適用に積極的な自動車メーカーの1つだ。例えば同社では、2012年2月発売の新型SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)「CX-5」の、前後のバンパビーム*3にホットプレス材を採用している(図3)。使用したのは、強度が1800MPa級のホットプレス材。これほど高強度なホットプレス材の自動車への採用は、世界でも例がなかった。同社はこれにより、4.5kgの軽量化を図ったとしている。

図3●強度が1800MPa級のホットプレス材をバンパビームに採用したマツダの新型SUV「CX-5」
[画像のクリックで拡大表示]

*3 バンパビーム バンパの内側に設置して衝突時の車体の損傷を低減させる部材のこと。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング