半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

【半導体】なにごとも基本は大切

小島 郁太郎=Tech-On!編集
2013/07/03 00:00
印刷用ページ

 半導体関連の4つのサイト、「半導体デバイス」、「半導体製造」、「EDA」、「アナログ」に投稿の全記事(日経BP半導体リサーチ記事を含む)を対象に、直近4週間(2013年6月3日~6月30日)でアクセス数が多かった20本を紹介する。最も読まれた記事は、半導体プロセスの基本を解説した講座記事だった。

アクセス記事ランキング(6/3~6/30)
半導体
1 第1回 半導体デバイスのできるまで
2 スルーホールとビアの合わせ技で25Gビット/秒の通信もOK、ルネサスのパッケージ設計技術が進化
3 【VLSI】東芝、サンプル出荷を間近に控える3次元NAND「BiCS」について講演
4 “破壊的技術”を携帯電話機に持ち込む
5 第7回●中国の電動バイクは「家電」だった
6 【VLSI】SamsungのシステムLSI事業担当の副社長、モバイル機器向け半導体技術のトレンドを語る
7 携帯電話機やPCに“脱Moore”の予感
8 【COMPUTEX】Intelが第4世代Coreプロセサを発表、モバイルPCを念頭に低電力化を徹底
9 デンソーがJEDECの半導体パッケージの熱抵抗測定方法を評価、その結果とは
10 シェール革命がエレクトロニクス産業に与える影響
11 「スマホもSoCも、進化は止まらない」、SamsungのSoC事業トップが基調講演
12 【VLSI】ルネサスが酸化物半導体でCMOSインバータを実現、LSI配線内に埋め込む
13 【VLSI】Intelが22nm世代のDRAM混載SoC技術を発表、量産中のSRAMと同等の歩留まりを達成
14 先端IC開発にまつわる決断のポイントで4社が講演、それでも最後の気合いと根性は重要
15 【VLSI】0.37V動作のSRAMや新原理の相変化メモリなど、LEAPが5件を発表
16 【VLSI】Samsung、7nm世代までの立体トランジスタ技術の指針示す
17 「28nmは量産準備完了、次は14nmのFDSOIを開発中」、STが京都でのワークショップで説明
18 技術世代をどう刻む?
19 【COMPUTEX】会場にTSMC会長のMorris Chang氏、「ムーアの法則はあと10年は続く」とコメント
20 第8回●“猫も杓子もクアッドコア”を可能にしたもの

 この記事は、講座「半導体プロセスの基礎」の第1回目で、タイトルは「半導体デバイスのできるまで」だった。全16ページの大型記事だったが、多くの方に読んでいただいた(2回目以降は「日経BP半導体リサーチ」会員限定記事)。やはり、なにごとも基本は大切ということだろう。

 次に読まれたのは、ルネサス エレクトロニクスのパッケージ設計技術を紹介した記事だった。パッケージは半導体に欠かせない要素だが、どちらかというと地味な技術と言えるだろう。しかし、数ある半導体関連ニュースの中でこの記事がよく読まれたのは、基本が大切と考えている読者が多いことの表れとみられる。今回のルネサスの技術は、パッケージの寄生成分を利用することで、コストを増やさずに信号劣化を低減できることが特徴である。すでに多数の製品にこの技術が適用されている。今回は、より高い信号周波数が扱えるように技術を拡張した。

 この技術の中には「伝送線路長をそろえる」という手法が含まれるが、これがこの技術の知的財産権を守ることに一役買っているという。伝送線路長をそろえるために、配線パターンが扇形の独特の形状を示す。他社の製品でこのパターンになっていれば、ルネサスの技術が(勝手に)使われている恐れがある。ただし、今のところは、「そうした扇形のパターン形状を他社製品で見たことがない」(ルネサス)とのことだった。

 3位にランクインしたのは、国際会議「2013 Symposia on VLSI Technology and Circuits」発の記事だった。そのタイトルは「東芝、サンプル出荷を間近に控える3次元NAND「BiCS」について講演」である。BiCSは同社の半導体事業の中核を担うフラッシュ・メモリの次期技術で、メモリ・セルを3次元方向に多段積層する。これで、メモリ容量の増加のトレンドを維持する。記事によれば、BiCSのNANDフラッシュ・メモリのサンプル出荷は、2013年内に始まるという。

 今回のSymposia on VLSI Technology and Circuitsは京都開催だったせいか、多くの記事がよく読まれた。この3位の記事だけでなく、6位に韓国Samsung Electronics社の基調講演の記事、12位にルネサスのCMOSインバータのLSI配線内埋め込み技術など、20位以内に多くの記事が入った。

 6月はSymposia on VLSI Technology and Circuitsだけではなく、半導体関連の主要な国際会議や展示会が多い季節である。今回のランキングでも、それが見て取れた。例えば、8位には、「COMPUTEX TAIPEI 2013」関連記事が入った。この記事では、COMPUTEX TAIPEIに合わせて、米Intel社が第4世代Coreプロセサ(開発コード名:Haswell)ファミリを発表したことなどを報じている。

 EDA関連で最大のイベントDAC(Design Automation Conference)も6月開催だった。今回のランキングでは、11位にSamsungによる基調講演を紹介した記事、14位に「Management Day」の講演を紹介した記事、Management DayはIC設計のプロジェクト・マネージャをターゲットにしたDACのセッションである。今年は4社が講演した。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング