• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマキーワードで読み解く最新トピック > シリーズ・パラレル・ハイブリッド

キーワードで読み解く最新トピック

シリーズ・パラレル・ハイブリッド

新型「アコード ハイブリッド」が世界最高効率を達成

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2013/06/21 00:00
  • 1/6ページ

 「10・15モードよりも厳しいとされるJC08モードで燃費が30km/L」。この軽自動車並みの燃費を、全長4915×全幅1850×全高1465mmと「ゆとりのボディサイズを持つ上級セダン」(ホンダ)で実現したのが、2013年6月21日にホンダが発売した新型「アコード ハイブリッド」だ(図1)。

図1●新型「アコード ハイブリッド」
上級セダンでありながら、JC08モードで30km/Lと軽自動車並みの低燃費を実現した。
[画像のクリックで拡大表示]

 通常、ボディサイズ(車格)が大きくなるほど走行に必要なエネルギ量が増加して燃費は悪化する。そうした車格の影響を排除した比較を可能とするのが、エネルギ効率〔(単位体積当たりの燃料が持つエネルギ×燃費)/単位距離当たりの走行に必要なエネルギ〕だ。ホンダによると、新型アコード ハイブリッドのエネルギ効率は「40%近く、30%台後半」と世界最高(ホンダ調べ、2013年5月時点)という。

 車名からも分かるように新型アコード ハイブリッドは、エンジンとモータという2つの動力源を持つハイブリッド車だ。ハイブリッド車には、大別して「シリーズ・ハイブリッド」「パラレル・ハイブリッド」「シリーズ・パラレル・ハイブリッド」という3つの方式がある。新型アコード ハイブリッドは、このうちのシリーズ・パラレル・ハイブリッドを採用している。

48V化で変わるHEV勢力図
~日本は欧州の標準化に対抗できるのか~
Valeo社、Continental社、Infinion社など主要企業が講演


欧州メーカーが2016年に48Vのマイルドハイブリッド車(HEV)を実用化します。48V化する最大の狙いは、発電機で、エンジン駆動力をアシストできるようにすること。燃費が向上し、欧州の2021年規制(CO2排出量=95g/km)をクリアしやすくなります。一方の日本は、各社が200V程度の高電圧電源を搭載し、専用の駆動用モーターを配置する、本格的なストロングHEVで世界をリードしています。日本は欧州勢に対抗できるのか━━。今回のセミナーでは、48V規格の最新動向から、事例、HEV市場に与えるインパクトまで、多面的に迫ります。詳細は、こちら

日程 : 2016年5月24日
会場 : 関内新井ホール (横浜・関内)
主催 : 日経Automotive

おすすめ