• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材エディターズ・ノート > 砲撃に続いてヘリからレンジャー降下!---見て参りました陸自唯一の機甲師団(中)

エディターズ・ノート

砲撃に続いてヘリからレンジャー降下!---見て参りました陸自唯一の機甲師団(中)

  • 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2013/06/13 05:00
  • 1/2ページ
第7音楽隊による演奏
[画像のクリックで拡大表示]

 あまりものづくりとは関係ない陸上自衛隊第7師団取材の続き、今回は観閲行進の後の模擬戦からです(前回はこちら)。と、その前に第7音楽隊の演奏がありました。オーソドックスな曲から、隊員が作曲したオリジナルまで幅広く演奏。ぬかるみの中ありがとうございました。余談ですが、毎年秋には自衛隊音楽部隊の演奏会が日本武道館で開催されています。あまり知られてませんが、一般閲覧は事前申し込みが必要で、毎回抽選になるほど人気なんだとか。今度行ってみよう。

打ち合う両軍。手前の右に侵攻する戦車らが敵軍。奥が味方軍
[画像のクリックで拡大表示]
敵の侵攻に反撃する90式戦車。上空には2機のAH-1S
[画像のクリックで拡大表示]

模擬線開始!

 演奏が終わるといよいよ模擬戦です(模擬戦といっても創立記念の行事としてのショー的要素が強く、勇ましいBGMなんかも流れてましたが)。

 会場(演習場)左手に3両ほどの車両が現れたのが始まりでした。90式戦車が2両と89式装甲戦闘車が1両。なんだろうと思って見ていたのですが、それが侵攻してきた仮想敵という設定のようです。やがて、これを迎え撃つ陸自の戦車たちが右手奥からやってきて、戦闘が始まりました。対峙した両軍が撃ち合い、ドンドンと砲撃の乾いた音がします(もちろん空砲)。右手上空からは攻撃ヘリAH-1Sも2機登場します。

偵察ヘリOH-1が。
[画像のクリックで拡大表示]

 味方は歩を進めるのですが、敵陣に向かって走行していた先頭の90式戦車がスタックしてしまいます。すると、今度は偵察ヘリOH-1が現れて敵を牽制。敵軍の上空あたりで宙返りのようなアクロバティックな飛行を見せます。いやー、ヘリとは思えないOH-1の機動力、スゴイです。

宙返りするOH-1。ヘリってこんな飛び方できるんだ
[画像のクリックで拡大表示]
バイクで走行しながらの銃撃
[画像のクリックで拡大表示]
ジャーンプ!
[画像のクリックで拡大表示]

 敵軍がやや後退すると、さらにこれを追撃すべく、右手からバイクに乗った隊員数名と87式偵警戒車が走ってきました。歩兵の投入です。バイクで走りながら射撃したり、ジャンプしたりと結構見せます(ジャンプ台が用意されてる)。偵察警戒車が敵陣近くまで進行したところで、今度はスタックした戦車を回収するため90式戦車回収車が登場です。同時に87式自走高射機関砲が敵ヘリの上空からの攻撃を制します。

87式自走高射機関砲がやってきた
[画像のクリックで拡大表示]

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓