• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスデバイス技術を俯瞰する・Yoleレポート > パワー素子パッケージ、自動車が技術と市場を激変

デバイス技術を俯瞰する・Yoleレポート

パワー素子パッケージ、自動車が技術と市場を激変

  • Jean-Christophe Eloy=President & CEO, Yole Developpement社
  • 2013/06/06 06:00
  • 1/4ページ
[画像のクリックで拡大表示]

 変化の激しい代替エネルギー市場が、かつては安定していたパワー・エレクトロニクス・ビジネスに揺さぶりをかけた。そして、ハイブリッド車(HEV)と電気自動車(EV)の市場の巨大な潜在的規模が、さらなる変化をもたらすだろう。HEVやEVが、より大きなパワーと高い熱を扱える技術を必要としているからである。その潜在的市場規模が、様々なビジネス・モデルをもった新規参入企業を引きつけているため、より多くの技術が登場し、おそらくコストも下がることになる。

 パワー・モジュールのパッケージ市場は、現在のところ約8億米ドルの規模で、今後も安定的に成長する。29億米ドルのパワー・デバイス市場は、今後5年間で42億米ドルに成長すると見込まれている。ハイパワー半導体は、これまでは年率4~6%で成長する安定した市場だった。しかし、2012年に売り上げは20~25%に落ち込んだ。中国で風力発電と電車への需要が急に落ち込み、世界中で太陽光発電の導入に関する政府の奨励策がストップし、さらに景気低迷で工場への投資が減ったためだ。たまたま悪いことが重なっただけで、今後は年率4~6%の安定した成長軌道に戻っていくはずだ。

 この市場がHEV向けとEV向けに占める割合が増えることによって、今後大きな変化が起こるだろう。HEV/EV向けパワー・モジュールの売り上げは2020年までに25億米ドル、つまり市場の約半分に達し、パワー・モジュール製品単体としては初めて民生機器向け並みで出荷されるだろう。この結果、パワー半導体のパッケージングと組み立てビジネスは、既存の半導体のサプライヤと組み立て企業にとって、より魅力的なものになるかもしれない。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓