• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりエディターズ・ノート > 本田宗一郎氏と村上春樹氏の経営哲学

エディターズ・ノート

本田宗一郎氏と村上春樹氏の経営哲学

  • 高田 憲一=日経ものづくり
  • 2013/05/23 08:30
  • 1/1ページ
 新作の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文芸春秋)が大評判の村上春樹氏は、小説家になる前の若いころ、ジャズ喫茶を経営していました。エッセイなどでたびたび触れられているので、ご存じの方も多いかもしれません。そんな村上氏は、店の経営に必要なこととして以下のように書いています。
【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓