技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

変化が激しい時代に、大学で何を学ぶべきか

時代を経ても変わるスキルと、変わらないスキル

竹内 健=中央大学教授
2013/05/22 10:24
印刷用ページ

 大学全入時代と言われ、大学の入学希望者の総数が入学定員の総数を超えているといわれています。以前よりも多くの割合で学生が大学に入学する時代ですから、大学はもっと職業訓練学校のように、仕事で直接的に役に立つスキルを学生に教えるべき、とも言われています。

 ただ、これだけ技術の変化が激しい時代では、ある仕事だけに特化したスキルを身につけても、大学で学んだ技術で一生食べていくことは、難しいでしょう。

 むしろ、自分のスキルが特定の仕事に特化してしまう方が、その仕事が無くなった場合を考えると、リスクが大きいのかもしれません。ITやエレクトロニクスの技術の発展で、多くの仕事が機械やコンピュータに取って代わられました。

 例えば、自動改札機の導入によって、駅の切符を切る業務はなくなりました。ソーシャルメディアの登場で、新聞やテレビなどのメディアも厳しい状況になっています。

 では、大学では何を学ぶべきでしょうか。スキルには、時代背景や技術の進展で変わるものと、変わらないものがあります。大学で学ぶスキルには、その両方があります。一般的なスキルだけを学ぶ、というのは、難しいと思いますが、少なくとも、自分が学んでいることが、どの程度一般的なものか、常に考える必要はあるでしょう。

 例えば、私が所属する工学部でいうと、コンピュータの仕組みというのは、この何十年も変わっていません。スーパーコンピュータから、パソコン、タブレット端末、スマートフォンと、性能や形、価格は違っていても、基本的な動作原理は同じです。

 また、「これから魅力的な職業はデータサイエンティスト」とも言われるように、経営やマーケティング、医療など、あらゆる分野に統計的な手法が導入されようとしています。この確率や統計は、理系で実験をしたことがある人ならば、誰でも使っている、ごく一般的なスキルです。

 一方、時代で変わっているのは、動作原理を実現するための実装の仕方や、ビジネスモデル。例えば、大学で学んだり、企業で実践する技術の多くは、いまや、目的ではなく、商品やサービスを実現するための、一つの手段になりつつあります。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング