技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
徐 航明=Tech-On!特約ライター
2013/05/23 00:00
印刷用ページ

 無料通信サービス「LINE」が爆発的に流行っている。日本生まれのアプリがこれほどの大人気を得るのは久々だ。LINEの登録者数は、サービスが始まってからわずか1年10カ月ほどの2013年4月30日には、ついに1億5000万を突破。海外での認知度も高まっている。

 LINEはこのまま世界で普及していくだろうと考える人も少なくないかもしれないが、実は、LINEの強敵といえる競争相手も現れてきている。中国発のWeChatだ(中国インターネット通信大手Tencentが提供するサービス。中国語では「微信」、文字通り、微少の文字数の手紙という意味。WeChatはその英語名)。WeChatのサービスは多数の国で展開されており、その登録者数は2013年1月の段階で既に3億(海外4000万)を超えている。今回は、WeChatとLINEのそれぞれの機能や特徴を比較し、今後の行方について考えてみる。

WeChatとは

 2013年初めごろ、北京にいる友人へメールをしてから数日経っても返事がないので、電話をしたら、「あまりメールを見ていない。いつも微信を使っている。WeChatに入ってね…。それが便利だよ」と言われた。

 早速、自分のスマートフォン「iPhone」からWeChatアプリを検索して、インストールした。試したら、ショットメッセージ、写真共有、音声の共有(Push To Talkのような機能)があり、確かに便利だ。文字より音声の方が伝えやすいことも少なくないので、音声によるメッセージの共有機能はありがたい。しかも、その音声を多人数から成るグループでも共有できるので、人気になっているそうだ。

 そうした通信や情報共有の機能だけではなく、ソーシャル的な機能も揃っている。WeChatでは、「モーメンツ」「連絡先の追加」「Look Around」「シェイク」といった機能が設けられている。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング