家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【家電・PC】目には見えねども、魔法はとけず

高橋 史忠=Tech-On!
2013/05/15 01:00
印刷用ページ

 神話の崩壊、魔法がとけた、普通の会社に――。

 カリスマが去った米Apple社に落日が訪れつつある。そんな論調をメディアやアナリストが語り始めています。同社が2013年4月に発表した同年1~3月期の決算は、純利益が前年同期比18%減の95億4700万米ドル(約9642億円)と、ほぼ10年ぶりの減益。直近の株価は2012年9月のピークに比べ、6~7割ほどの水準に下降しました。

 スマートフォン「iPhone」やタブレット端末「iPad」の販売は伸びています。ただ、iPhoneの伸びは鈍化。低価格の旧モデルの比率が高まったことが減益につながったようです。今後1~2年の収益拡大への期待感が薄れたことを指摘するアナリストもいます。(関連記事「Apple神話の崩壊」)

未発表でも「量産遅れ」

 それでも、さまざまな予測、推測、憶測、うわさが人を走らせてしまうところは、Apple社のすごいところ。減ったとはいえ、まだまだ利益水準は極めて高く、技術のけん引役としての存在感が大きいことは間違いありません。

 Tech-On!のテーマサイト「家電・PC」の2013年4月9日~5月13日、ほぼ1カ月間のアクセス・ランキングで1位に輝いたのは、台湾科技市場研究 代表で日経エレクトロニクスの特約記者である大槻智洋氏のApple社に関する報道でした。(関連記事「新型iPhone/iPadが発売遅延? 部品メーカーの業績に影響も」)

 Apple社のサプライチェーン分析に定評がある台湾の証券アナリストが、「iPhone」「iPad」の新機種の発売が遅れるという趣旨のレポートを発行したという内容です。次世代機とうわさされる「iPnone 5S」「iPad mini 2」の量産出荷が2013年夏から同年秋以降にずれ込む。その理由の一つは、iPhone 5Sに搭載されるという指紋認識機能の開発に時間を要しているからなのだそうです。この量産の遅れは、部品メーカーなどの業績悪化につながる可能性があると結論付けています。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング