• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり3次元CAD利用技術者試験 1級/準1級 過去問題解説集 > 第12回 《解答と解説》準1級モデリング

3次元CAD利用技術者試験 1級/準1級 過去問題解説集

第12回 《解答と解説》準1級モデリング

  • 日向 由美=日本デザインエンジニアリング
  • 2013/05/17 00:01
  • 1/4ページ

正解

設問1【5】、設問2【2】、設問3【3】、設問4【3】

解説

 準1級問題のモデリング手順について解説します。
 これは、2次元図面から機械的な部品形状をモデリングするもので、実務の基本的な能力を総合的に問う問題です。一般的なコマンド(押し出し、回転、フィレット、面取り、ロフトなど)を使ったモデリング力と、基礎的な図面を読み取る力があればモデルを完成させることができます。形状は単純であり、モデリングに時間はかかりません。

 ①上面図からプロファイルを作成し、Z軸プラス方向に15mm押し出して基本形状を作ります。そして、直径20mmの貫通穴を開けます。

[画像のクリックで拡大表示]

 ②基本形状のX軸プラス側にロフト形状のくぼみをロフト(スキニング)と集合演算の差演算を使って作成します。

[画像のクリックで拡大表示]

 ここで【設問1】に解答することができます。

設問1の解答

おすすめ