設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

第12回 《解答と解説》準1級モデリング

日向 由美=日本デザインエンジニアリング
2013/05/17 00:01
印刷用ページ

正解

設問1【5】、設問2【2】、設問3【3】、設問4【3】

解説

 準1級問題のモデリング手順について解説します。
 これは、2次元図面から機械的な部品形状をモデリングするもので、実務の基本的な能力を総合的に問う問題です。一般的なコマンド(押し出し、回転、フィレット、面取り、ロフトなど)を使ったモデリング力と、基礎的な図面を読み取る力があればモデルを完成させることができます。形状は単純であり、モデリングに時間はかかりません。

 ①上面図からプロファイルを作成し、Z軸プラス方向に15mm押し出して基本形状を作ります。そして、直径20mmの貫通穴を開けます。

[画像のクリックで拡大表示]

 ②基本形状のX軸プラス側にロフト形状のくぼみをロフト(スキニング)と集合演算の差演算を使って作成します。

[画像のクリックで拡大表示]

 ここで【設問1】に解答することができます。

設問1の解答

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング