• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりキーワードで読み解く最新トピック > デジタルシボ

キーワードで読み解く最新トピック

デジタルシボ

デジタルデータで皮のような見栄えを樹脂表面に付加

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2013/05/14 00:00
  • 1/4ページ

 2013年4月17~20日の4日間、「INTERMOLD2013/金型展2013/金型プレス加工技術展2013」が東京ビッグサイトで開催された。その中で多くの来場者から注目を集めていた技術の1つが、「デジタルシボ」という加工技術だ(関連記事)。

 シボとは、樹脂部品や金型の表面に形成する微細な模様のこと。金型の表面に形成したシボを樹脂成形品に転写することで、皮のような見栄えやデザイン性の高い模様(装飾用のパターン)を付加することができる(図)。金型の表面にエッチングを施すことで微細な模様を形成するのが一般的だが、これを、CAD/CAMのようなデジタル技術と、切削や放電加工、レーザ加工といった機械加工技術の組み合わせで実現するのがデジタルシボだ(特集・解説「デジタル『シボ』で格好いい樹脂部品」)。

シボ加工の例
左が牧野フライス製作所の試作品。皮のような見栄えを付与したもの。右が森精機製作所の試作品。装飾用のパターンを付与している
[画像のクリックで拡大表示]

 デジタルシボは従来のエッチングによる方法と比べて、(1)熟練者に頼らなくてもより自然なシボを付けられるようになる、(2)シボ加工業者が提供している既存の装飾パターンにはないシボにも対応しやすくなる、(3)製作する金型ごとにシボの模様が変化しない、(4)マスキングテープやエッチングのための酸性の液といった産業廃棄物が出ない、(5)加工シミュレーションや模様の修正が容易になる、といった利点がある。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓