• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりものづくりエディターズ・ルーム@白金 > ゼネコンへの取材で見えた「工場の今」

ものづくりエディターズ・ルーム@白金

ゼネコンへの取材で見えた「工場の今」

特集担当者から

  • 高野 敦=日経ものづくり
  • 2013/05/10 00:00
  • 1/1ページ

 日経ものづくり2013年5月号の特集1「スゴい最先端工場」では、工場の建物や施設に着目しました。それに際し、工場への取材と並行して進めたのが工場自体を造るゼネコンへの取材です。ゼネコン各社は、さまざまな業界の工場を手掛けているだけあって、工場に求められている条件の変化を感じ取っていました。

 従来、工場の建設に求められていたのは、一にも二にもコストです。同じものを造れる工場であれば、安ければ安いほどいいというのが一般的な考え方でした。ところが、海外生産の比重が高まるにつれ、国内工場はマザー工場の役割を果たすだけでは不十分となり、海外工場にマネのできない独自性をあらためて求められます。すると、建設コストが安いだけでは海外工場との差異化できないということになります。

 我々が工場の建物や施設に着目したのは、それらが海外工場と差異化する手段の1つとして非常に有望だと考えたからです。実際、ゼネコン各社は工場における「品質」「環境」「事業継続性(耐震性など)」「納期短縮」といった取り組みを支援するための技術を多数用意していました。ゼネコン各社にとっても、工場建設の受注獲得競争が激しくなる中で、こうした技術が差異化ポイントになるわけです。

 もちろん、その中には顧客であるメーカーの要望を基に開発された技術もたくさんあります。今後も、製造業×ゼネコンという組み合わせから工場の魅力を高めるような技術が生まれることを期待しています。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓