• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりものづくりエディターズ・ルーム@白金 > ゼネコンへの取材で見えた「工場の今」

ものづくりエディターズ・ルーム@白金

ゼネコンへの取材で見えた「工場の今」

特集担当者から

  • 高野 敦=日経ものづくり
  • 2013/05/10 00:00
  • 1/1ページ

 日経ものづくり2013年5月号の特集1「スゴい最先端工場」では、工場の建物や施設に着目しました。それに際し、工場への取材と並行して進めたのが工場自体を造るゼネコンへの取材です。ゼネコン各社は、さまざまな業界の工場を手掛けているだけあって、工場に求められている条件の変化を感じ取っていました。

 従来、工場の建設に求められていたのは、一にも二にもコストです。同じものを造れる工場であれば、安ければ安いほどいいというのが一般的な考え方でした。ところが、海外生産の比重が高まるにつれ、国内工場はマザー工場の役割を果たすだけでは不十分となり、海外工場にマネのできない独自性をあらためて求められます。すると、建設コストが安いだけでは海外工場との差異化できないということになります。

 我々が工場の建物や施設に着目したのは、それらが海外工場と差異化する手段の1つとして非常に有望だと考えたからです。実際、ゼネコン各社は工場における「品質」「環境」「事業継続性(耐震性など)」「納期短縮」といった取り組みを支援するための技術を多数用意していました。ゼネコン各社にとっても、工場建設の受注獲得競争が激しくなる中で、こうした技術が差異化ポイントになるわけです。

 もちろん、その中には顧客であるメーカーの要望を基に開発された技術もたくさんあります。今後も、製造業×ゼネコンという組み合わせから工場の魅力を高めるような技術が生まれることを期待しています。

【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓