ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

有機ELテレビのその後

田中 直樹=日経エレクトロニクス
2013/05/08 05:00
印刷用ページ

 2013年の年明け、エレクトロニクス業界で話題となったのが大画面の有機ELテレビでした。1月に米国ラスベガスで開催された民生機器の展示会「2013 International CES」で、ソニーとパナソニックが56型の4K×2K有機ELテレビやパネルの試作品を披露し、大いに注目を集めました。また、韓国LG Electronics社は1月2日に韓国で55型の有機ELテレビの注文を受け付けると発表し、2月から出荷を始めています。

 しかし、有機ELテレビを取り巻く熱気はその後、冷めつつあるように見えます。CESで脚光を浴びたソニーとパナソニックですが、春以降の大画面有機ELに関するニュースで目立つのは、ソニーが56型と30型の業務用4K×2K有機ELモニターを開発し、放送機器の展示会「2013 NAB Show」で技術展示したことのみ。家庭用テレビに関する動きは、鳴りを潜めています。

 韓国勢も、目立った動きは見せていません。LG Electronics社は4月29日に、画面が湾曲した55型有機ELテレビの受注を開始しました。ただ、価格は1500万ウォン(約135万円)と非常に高価。1月に受注開始した従来製品の約1100万ウォン(約100万円)を上回る価格であり、よりニッチの製品を強化している格好です。また、Samsung Electronics社からは、大画面有機ELテレビに関するニュースはほとんど聞こえてきません。

 4月下旬に韓国を訪問する機会があり、旧知の業界関係者にも会って何人かに話を聞いたのですが、大画面有機ELテレビにはコストの課題が大きく立ちはだかっているようです。家庭用テレビとして勝負するためには、20万円以下の価格を実現する必要があるという意見で、業界関係者はほぼ一致していました。しかし、現状では大型有機ELパネルの製造歩留まりが極めて低く、20万円以下の実現のメドは立っていないと、口をそろえて言います。

 そこで、当面は50型以上の4K×2K液晶テレビやパネルを目玉にしていく、という意見が大勢でした。2005年にHD液晶テレビ、2010年にフルHD液晶テレビの価格が20万円を切るようになり、本格的な普及が始まりました。2015年には50型以上の4K×2K液晶テレビを20万円以下の価格で実現し、市場を立ち上げていくシナリオです。

 大画面有機ELテレビを離陸させるためには、コストダウンが非常に重要になっているといえます。寿命や信頼性の課題解決はもちろんですが、コストの課題を克服するような革新的技術の登場に期待しつつ、今後の研究開発動向を注意深く見ていきたいと思います。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング