技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「いいね!」をさばくサーバーは誰が造っているのか

山田 泰司=EMSOne
2013/05/07 00:00
印刷用ページ

 こんなことを告白するのはいささか気恥ずかしいのだが、たまに日本に帰ると密かに楽しみにしていることがある。それは、本コラム「上海EMS通信」の各回に「いいね!」が何票入っているかを確認すること。

 中国ではソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)の「Facebook」(米Facebook社)、短文投稿サイト「Twitter」(米Twitter社)のいずれも利用することができない。本コラムには冒頭の見出しの下に「いいね!」の表示欄が設けられているが、それも表示されない。したがって、何人の方が「いいね!」に入れてくださったのかも分からない。そこで、日本に帰国するたびに、過去の「いいね!」の数をチェックしては、一喜一憂しているというわけだ。

 さて今回は、そのFacebook社とEMS(電子機器受託生産)/ODM(Original Design Manufacturer)の関わりについて紹介しようと情報収集していたところ、「あなたや私の押した『いいね!』は、広達電脳製のサーバーを経由して処理されているのをご存知だろうか」という台湾メディアによる一文に目が留まった。広達電脳とはノートPCの受託生産で世界最大手のODM、台湾Quanta Computer社のことである。

 本コラムでも同社は何度か登場しているが、改めて簡単に紹介しておくと、2012年のノートPC出荷実績は5380万台で、世界出荷約2億台のうちの約25%を占めた。米Apple社の供給業者としても知られており、2013年1月にApple社が公表した製品の最終組立地17カ所のリストで、Quanta Computer社は米カリフォルニア州フリーモントと中国上海でパソコン「Mac」、中国江蘇省常熟で携帯音楽プレーヤー「iPod」のアセンブリを行っていることが明らかになっている。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング