家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ニッチを育てメジャーに! 原点回帰でゲームビジネスの精度を上げる

コーエーテクモゲームス代表取締役社長 襟川 陽一

2013/05/02 12:00
印刷用ページ

2013年3月期の第3四半期決算時に、過去最高の売上高と営業利益を見込んでいた、コーエーテクモゲームス。業績の下方修正があったものの、営業利益は昨年比で微増となる見込みで底堅い。多くのメーカーが家庭用ゲーム機向けソフトでの売り上げ確保に苦しむ中、同社では収益の源泉とすることができた。「各タイトルにおける収益管理が徹底できたから」と代表取締役社長の襟川陽一氏は話す。2013年は、コーエーの礎を築いたPCゲーム「信長の野望」が30周年を迎える。PCゲームから、オンラインゲーム、ソーシャルゲームへと時代に合わせて進化しつつ、他社タイトルとのコラボレーションなどにも熱心だ。「これからはIPの展開力も重要だ」と語る襟川氏に2013年の戦略について聞いた。 (聞き手/渡辺一正=nikkei BP net、写真/稲垣純也)

――2013年3月期も大詰めとなりましたが、2012年度を振り返っていかがでしたでしょうか。

コーエーテクモゲームス代表取締役社長 襟川陽一氏

襟川陽一氏(以下、襟川氏):第3四半期までは、過去最高の売り上げと利益を計上できました。また、2月28日に発売した「真・三國無双7」、それから3月20日に発売した「ワンピース海賊無双2」(発売元:バンダイナムコゲームス)も出荷本数を伸ばしています。この2つの大きなタイトルに加えて、「DEAD OR ALIVE 5 PLUS」や、「NINJA GAIDEN 3:Razor’s Edge」なども発売できましたので、さらに上積みができると考えています。

 2013年3月期は、第4四半期に年間で一番の山場を迎えてしまいましたが、できれば、上期と下期の比率を平準化できるようにしたいと思っています。当初、年間計画を立てる際はそうした観点でいるのですが、より良い品質のゲームを作りたいという思いが強くなって、だんだん開発期間が後ろにずれ込んでしまうのが実態です。上期と下期のバランスを良くすることは、常に取り組むべきテーマですね。

 ただし、最近、開発陣の努力が実りまして、週刊ファミ通誌の評価で「プラチナ殿堂」をいただけることが多くなりました。昨年9月に発売した「DEAD OR ALIVE 5 」をはじめ、2012年末の「真・北斗無双」、今年に入って、「真・三國無双7」、「ワンピース海賊無双2」もプラチナ殿堂入りしました。大きなタイトルについては、プラチナ殿堂入りができる開発体制になってきたのだと思います。

「真・三國無双7」
プレイステーション 3、発売:2013年2月28日、7560円(税込)
[画像のクリックで拡大表示]
「DEAD OR ALIVE 5 PLUS」
プレイステーション Vita、発売:2013年3月20日、PS Vitaカード版6090円(税込)/ダウンロード版5400円(税込)
[画像のクリックで拡大表示]
「NINJA GAIDEN 3:Razor’s Edge」
プレイステーション 3/Xbox 360/Wii U、発売:Wii U版は2012年12月8日、PS3版・Xbox360版は2013年4月4日、パッケージ版7140円(税込)/Wii Uダウンロード版6300円(税込)
[画像のクリックで拡大表示]
「真・北斗無双」
プレイステーション3/Xbox 360/Wii U、発売:2012年12月20日(Wii U版は2013年1月31日)、8190円(税込)
[画像のクリックで拡大表示]
【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング