• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 実践! 進化型すり合わせ開発

連載主旨
かつてものづくり大国と言われた日本が、欧米や中韓に追い上げられています。各社が激しい競争にさらされる中で、既にトップ争いから脱落しつつある業界、企業も見受けられます。韓国の素早いリバース・エンジニアリング(「模倣+α」)や欧州の「標準化+モジュール化」戦略に対して、従来の開発のやり方では勝てなくなっているのが現状です。この状況下で、日本の製造業が競争力を向上させるには、「すり合わせ」による差別化領域での技術の作り込み・ブラックボックス化と、「モジュール化」による非差別化領域での効率追求を組み合わせた「進化型すり合わせ開発」で、他国の追随を許さない技術品質と開発スピードの両立を実現することが必要だと考えています。また、それらを実践できる設計者の育成も必要です。本連載では開発現場の現状を共有しつつ、進化型すり合わせ開発について、どのように実践していけばよいかを開発プロセスと人の育成の両面から解説していきます。
松田 有記(まつだ ゆうき)
iTiDコンサルティング シニアマネージングコンサルタント
松田 有記(まつだ ゆうき) 慶應義塾大学商学部卒業。電通国際情報サービスにて自動車業界担当のセールス・エンジニアとして、ITをベースとした開発プロセス改革を支援。その後、iTiDコンサルティングに参画し、自動車・精密機器業界を中心に数多くの開発業務改革に携わる。背反情報を加味したFMEAの進め方など、世の中に無かった取り組みも実践。現在、モノ・コトづくり企業の開発力向上のトップコンサルタントとして活躍中。
寺村 良寛(てらむら よしひろ)
iTiDコンサルティング マネージングコンサルタント
寺村 良寛(てらむら よしひろ) 早稲田大学理工学部卒業。電通国際情報サービスにて大手製造業20社以上でITをベースに製品開発業務の効率化のための現場改善を実践。その後、iTiDコンサルティングに参画し、大手自動車メーカーをはじめとする自動車業界を中心に、製品開発プロセス改革、開発の見える化、新商品アイデア創出などのコンサルティングを展開し成果を上げている。日本の製造業の開発力向上に貢献すべく日々奮闘中。
矢吹 豪佑(やぶき ごうすけ)
iTiDコンサルティング マネージングコンサルタント
矢吹 豪佑(やぶき ごうすけ) 同志社大学工学部卒業。大手輸送機器メーカーにて生産技術職に従事し、大規模プロジェクトの工程設計・生産準備を多数経験。その後、iTiDコンサルティングに参画し、大手自動車、重工業メーカーを中心に先行開発プロセスの効率化、不具合未然防止プロセスの定義、設計者の自立を実現する人材育成支援などを展開。現在も開発力向上を実現するコンサルティングを通じて製造業各社の発展に貢献中。
仙場 拓人(せんば たくと)
iTiDコンサルティング マネージングコンサルタント
仙場 拓人(せんば たくと) 慶應義塾大学理工学部卒業。自動車メーカーにてドアの設計に従事し、市場調査から量産開発まで幅広い開発業務を経験。その後、電通国際情報サービスを経て、iTiDコンサルティングに参画。PLMや技術・業務の見える化手法を活用し、多くの製造業の開発業務改革に貢献。現在も、原理原則に立脚したシステム開発の進め方を構築し組織に浸透させるべく、現場の設計者と共に、日々熱のこもったワークショップを展開中。

記事一覧

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ