技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「軍政国家に資本主義の波」―最後の経済秘境・ミャンマーの今―

参議院議員山田太郎のアジアビジネス・インサイドレポート 第3回

山田太郎=参議院議員
2013/04/22 20:30
印刷用ページ

 皆さんは「ミャンマー」という国にどういう印象をお持ちだろうか?「軍事政権で怖い国だ」「北朝鮮と変わらない独裁政権」「世界最貧国とされていて飢餓が発生している」「民政化されて2年、まだまだ商売にならないのでは」という印象を持っている日本人も多いのではないだろうか。

ミャンマーは本当に軍政国家か?はたまた、敬虔な仏教国か?

 皆さんは「ミャンマー」という国にどういう印象をお持ちだろうか?

 「軍事政権で怖い国だ」「北朝鮮と変わらない独裁政権」「世界最貧国とされていて飢餓が発生している」「民政化されて2年、まだまだ商売にならないのでは」という印象を持っている日本人も多いのではないだろうか。

 しかし、訪問して分かることは、これらは大きな誤解だということ。

 まず、ミャンマーを訪れて感じるのは、「敬虔な仏教国」であるということだ。ミャンマーのどの街にもパゴダ(仏塔)がある。

 このパゴダの近くを通る時は、皆、手を合わせてお祈りをしてから過ぎ去っていく。

 丁度、私が乗ったタクシーがパゴダの近くを通る時、運転手さんが両手を合わせて拝んでいた。その瞬間、ハンドルから手を離すので運転が危なかったが。

 そして、敬虔な仏教徒なのか、20年以上も鎖国状態で外国の文化に擦れていないのか、市民は穏やかで揉め事を好まない。モノを買ってつり銭をごまかしたり、モノを盗んだりというようなこともなく、とても治安がいい。同じ仏教国からか、ミャンマーは、日本人にとって非常に親しみやすく、対応も気持ちがいいのだ。

 ここは、亜熱帯地域の国だから食物は豊富だ。だから、最貧国だと言っても飢えているなんてことはない。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング