• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 技術の国、ニッポンの挑戦

技術の国、ニッポンの挑戦

 「日本は、技術の国」――。

 長らく、そう言われ続けてきた。天然資源の少ない日本が発展するための道は、技術立国しかないのだと。だが、その基盤が揺らぎ始めたと指摘する声が世にあふれている。いわく、「日本の技術力は低下していないか」「国内の技術開発は空洞化が進んでいる」「技術の国は、これからどうなってしまうのか」…。

 では、日本の技術は本当に危機なのか。答えは「否」だろう。目の前に解決すべき課題が存在する限り、技術者の挑戦は続く。そこに技術があるからである。そして、技術の課題は必ず乗り越えることができる。

 その時に大切なのは、自らが開発した技術をいかに価値に変えていくか。このことを、いままで以上に真剣に考えるべき時代がやってきたということだろう。新しい技術、新しい製品企画、新しいビジネスモデル…。日本発でイノベーションの創出に挑む製品やサービスの技術や企画、それを生み出した開発者、経営者の思いを紹介していく。

記事一覧

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓