電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 
Jean-Christophe Eloy=President & CEO, Yole Developpement社
2013/04/25 06:00
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 各国の政府が再生可能エネルギーや交通といった分野への支出を減らすために、IGBTデバイスとモジュールのメーカーは試練を経験することになるだろう。

 ほとんどのIGBTメーカーは、パワー・エレクトロニクスの分野全体で競合している。独Infineon Technologies社や三菱電機、富士電機といった大手企業には、3300Vまでの電圧を絶縁できるデバイスを提供している強みがある。収益面では、600~900Vの製品が最も大きな市場を持っている。

 いくつかの企業は、白物家電やカメラのフラッシュといった大きな販売量が見込める用途を狙い、さらに低い電圧(200~600V)のレンジに参入しようとしている。これらが一般消費者向けの用途であるため、IGBTメーカーは、スーパー・ジャンクションMOSFET(SJ-MOSFET)との競争に加えて、価格圧力にも悩まされることになるだろう。しかし、市場全体としては成長していくだろう。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング