家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

決定を4度延ばしたITC、軍配はAppleかSamsungか(1)

植木 正雄=スターパテントLLP代表パートナー
2013/04/04 07:00
印刷用ページ

 3月13日に出される予定だったSamsung社対Apple社の米ITC(International Trade Commission;国際貿易委員会)調査の正式決定が、その当日の通知で5月31日に延期となった(調査番号337-TA-794)。調査開始当初の2011年8月4日にITCが発表していた調査完了予定日(2012年12月3日)から数えて実に4度目の延期となる。この794調査は、2011年6月末に韓国Samsung Electronics社が米Apple社製品(「iPhone」「iPod touch」「iPad」)によるSamsung社の米国特許5件(7,706,348/7,486,644/6,771,980/6,879,843/7,450,114)の侵害をITCに提訴したものである。

 このうち348特許と644特許の2件をSamsung社は標準化団体に対して必須特許と宣言している。米Apple社はこれまでの審理において、抗弁の一つとして標準必須特許(以下「必須特許」)では排除措置を請求できないと主張してきた。昨年来、ICT(情報通信技術)業界の必須特許にかかるFRAND問題についての議論が熱を帯びてきているだけに、このITC調査の行方が業界関係者の注目の的となっている(FRAND問題の詳細については「Apple対Android訴訟、注目は“標準必須特許”」を参照)。とりわけ3月13日の延期は、3月7日の通知で正式決定が6日間のみの延期とされた後だっただけに、関係者に肩透かしを食らわせた格好だ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング