設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

イノベーションはアートだ、「iPod」を生み出せなかった日本企業へ

中央大学 大学院 戦略経営研究科 客員教授 小林三郎氏の講演から(1)

三宅 常之=Tech-On!
2013/04/25 00:00
印刷用ページ

 日経ものづくりの人気コラム「ホンダ イノベーション魂!」や著書「ホンダイノベーションの神髄」で知られる小林三郎氏(元・ホンダ経営企画部長)が、2013年3月22日開催の「JTNフォーラム 2013 Spring ―― 日本の製造業復活の芽はここにある」の基調講演に登壇、熱い想いを語った。べらんめぇ口調で聴講者を何度も爆笑させた講演を編集してお届けする。同氏のメッセージは、日本の製造業や社会を再び元気にするため各企業でイノベーションを起こそうというものだ。

中央大学 大学院 戦略経営研究科 客員教授 小林三郎氏

 日本はダメだね。1990年のバブル崩壊以降、日本の製造業は新しい製品を市場に送り出してこなかった。やったことといえばコストダウンと効率化。そんな新しいことをしなかった人間が、一部を除き日本企業のトップになっている。その間、米国ではApple社が「iPod」を市場に出して復活した。「ウォークマン」で世界のライフスタイルを変えたソニーがiPodを製品化できなかったのは最悪だ。2050年には日本のGDP(国内総生産)が世界第8位に転落するとの予測がある。(日本を復活させるのに、メディアなどで取り上げられている)観光業では不十分だろう。食料や資源を輸入するのだから、外貨を稼ぐ必要がある。そのために製造業は、革新的な製品・サービスを生み出すイノベーションが必要で、コストダウンだけではダメなんだ。

 ではイノベーションとは何か。特徴ではなく、特異性だ。説明のため過去にイノベーションを起こした商品を二つ挙げよう。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング