家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

一転攻勢、反撃ののろし

雌伏の時代を乗り越えた執念の物語(第5話)

河合基伸=日経エレクトロニクス
2013/05/24 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2006年5月22日 、pp.100-102 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 冬の時代が続いた垂直記録の研究開発。原理を提唱した岩崎俊一氏(現・東北工業大学 理事長)の教え子らが、その火を絶やさぬよう、大事に大事に灯し続けた。国内のHDDメーカーに就職した岩崎研究室の学生は、それぞれの企業で中核の研究者として育つ。“二度目の春”が近づいていた…。

 2000年4月10日,朝から雪がちらつくカナダ東部の街トロントのRoyal York Hotel。ここで,垂直記録方式の反撃ののろしが上がる。

 「なんだ,このすごい人だかりは。何かあったのか?」

2000年4月に開催された国際会議「Intermag2000」では,日立製作所などによる「Possibilities of 40Gb/in2 Perpendicular Recording」と題した講演に大勢の研究者が詰め掛けた。
[画像のクリックで拡大表示]

 Royal York Hotelでは,磁気関連技術の国際会議「Intermag2000」が開催されていた。朝一番目の発表を控えて足早に会場へ向かう日立製作所の高野公史の目に飛び込んできたのは,部屋に入りきらないほどの研究者の群れだった。

 120~130人しか入れない部屋に参加者が押しかけ,騒然とした雰囲気が漂っていた。何とか会場に潜り込もうと,座席の間の通路に座る者もいたほどだ。

 「いやあ困ったなあ。これから発表なのに,会場に入れないじゃないか」

 実はこれだけの研究者を集めた張本人は,人だかりに驚いている高野だった。詰め掛けた研究者たちのお目当ては高野の発表だったのである。

 Intermag2000に先立つ4月5日,日立製作所は垂直記録方式を用いて面記録密度52.5Gビット/(インチ)2での記録再生を実証したと発表した。報道関係者を集めた発表会には,垂直記録方式を生んだ岩崎研究室の後を継ぐ東北大学 電気通信研究所 教授の中村慶久や,秋田県高度技術研究所 所長の大内一弘も共同研究者として姿を見せた。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング