• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計サイトマスター便り > 【ソフトウエア】IPAによるセキュリティ10大連載がついに完結

サイトマスター便り

【ソフトウエア】IPAによるセキュリティ10大連載がついに完結

  • 三輪 芳久=Tech-On!編集
  • 2013/04/04 00:00
  • 1/2ページ

 Tech-On!のソフトウエア・サイトは、2012年12月10日を皮切りに、週替わりでテーマ分けてソフトウエア・セキュリティに関連する連載解説記事を掲載してきました。情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA)の皆さんに寄稿していただいたもので、これまでのサイトマスター便りのランキングにも数多くの記事が登場しています。この好評連載企画が、3月28日に遂に完結しました。今回は、これまでに掲載してきた10個の連載解説を振り返ってみます。

セキュリティ連載

 この2週間のランキングで見ると(右表参照)、1位、4位、5位、9位、16位には「情報セキュリティーにおける10大脅威(2013年版)」(3月18日に連載開始)、2位、6位、7位、11位、17位、19位には「組み込み機器のセキュリティー確保術」(3月25日に連載開始)、15位と20位には「標的型攻撃メールを分析する」(3月11日に連載開始)の各回の個別記事がランクインしています。特に、情報セキュリティーにおける10大脅威(2013年版)は、2000年以降のセキュリティ脅威の変遷を確認した後、10大脅威をランキング形式で紹介し、今後特に注意すべき脅威を解説することで締めくくっています。

 一方、この連載を始めた2012年12月10日以降のアクセスランキングを調べてみると、1月21日に掲載した「【標的型攻撃の現状と対策】第1回:標的型攻撃の実状」が最もアクセスを集めた記事となりました。以下、2位「【『ファジング』によるセキュリティー・リスク軽減への道】第1回:ファジングとは?」、3位「【重要インフラのサイバー・テロに向けた官・民の取り組み】第1回:映画の世界が現実に」と続きます。どれも連載の第1回の記事です。

 これらの連載記事は、最近のセキュリティ脅威の動向を解説するとともに、その対策を対象デバイス/システムや対象者(個人・企業・官公庁)など、視点を変えて詳しく説明しています。時間があるときにじっくりと読んでみてください。なお、次ページには、これまでに掲載してきた連載記事一覧を用意しました。目次としてご活用ください。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ