• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス台湾の視点で分析する アジア・ハイテク産業の動向 > 急成長する中国スマホ市場に照準、モーション・センサの市場開拓戦略

台湾の視点で分析する アジア・ハイテク産業の動向

急成長する中国スマホ市場に照準、モーション・センサの市場開拓戦略

  • 謝 孟玹=台湾工業技術研究院 IEK研究員
  • 2013/04/01 08:00
  • 1/4ページ

1. 急成長する中国のスマホ市場

 世界のスマートフォン(以下、「スマホ」)市場の発展状況を見ると、欧米市場は飽和状態に陥っている。既にスマホ普及率が非常に高い上に、長引く景気低迷が多くの消費者の買い替え意欲に影響を及ぼしているからだ。買い替えのインセンティブが欠ける中、欧米のスマホ市場の高い成長率はもはや過去のものとなった。

 一方、これからのスマホ市場の重心は中国市場を中心とする新興国へとシフトしている。中国におけるスマホの普及率は、欧米に比べてまだ低い。中国のスマホ市場でとりわけ注目すべきことは、このところ中国ブランドやホワイトボックスが台頭していることだ。

【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓